つだ加代子日誌

tsudahibi.exblog.jp
ブログトップ

8月1日(水) 

今日の朝の駅立ちは中止。
先輩議員が取り組み始められて、はや20数年たちました。さて私たち世代で今後も継続できるのかどうか。今3人になってます。 


9:30~11:00 桜小多目的室にて、最後の練習、エイサー教室。1名の欠席でしたが、8月4・5日に行われる盆踊りの場での披露に向けて練習を重ねてきた成果です。楽しみな時間となってくれますように。 


11:45~できた少しの時間を取って池田銀行に。4年前にいったん解約をしてきた選挙に関わる銀行口座。再度開設していきたいと。自己資金を入れて口座が出来上がりました。今回もできるだけ節約をしてと心がけていきます。 


12:20~豊中・池田・箕面・豊能の地域周りをしていきました。多くの方々にはこれまでもお世話になってきました。子どもを取り巻く環境も大きく違ってきています。地域を超えた力合わせが入用です。 


19:00~ 昨夜はいったニュースで、連絡を取りながら今夜を迎えました。  
川中で、学年代表としてお世話いただいた島田正雄先生。癌であったとご本人から一年前の3月に伺いました。

狭山差別裁判の石川さんが川西で講演された時に参加しておられ、先生の方から「癌が見つかった。検査入院をする」とさらっと言われたことが印象的で、その情景も覚えています。  

こんなに早く逝かれてしまうとは。どんな時間をここ1年間されたことか。  

病院ではどういう風に過ごされたのか。痛みについては?等々、生きざまを見ていたものにとって、語ってほしい、知りたいこと。

この年、異常事態が多々起こっている中で、津田親友の死とともに、信頼を寄せてきていた先輩・同僚の死は、一時を終えている時間のような気がして…・。

説明できないけれど「異常」という言葉通り、想定外。

しかし今我が家にきている見積もり工事の方々は、「これまでは異常という言葉で説明しきれないといわれていたことが多かったが、熱中症などという現象や、これまでこの材料で十分であったのが、この材料ではだめといわれている状態であると判断する。なので、二重構造にでもしていかなければ持たないという事と。    
これまでの価値を総点検する位のことであると。そうかもしれない。
今工事見積もりを取っている事でも、想定外の材料だと。専門家の議論を聞いているとそれはそれとして実に面白い。判断をしていく手順がしっかりとある。

[PR]
by tsudahibi | 2018-08-07 10:45

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります


by tsudahibi