5月27日(日) 

つらつら綴ることに。 

ここ数日のニュースは、本当に大人対わかもの(生徒) 国会ニュースで、今更ながらにメモだ出てきて、議員一人一人の前におかれた資料(テレビで写っている)は、何千ページ?これをもっと早くに示してくれていたらとは、辻元議員。籠池さん夫妻の保釈も。

11カ月にも及んだ拘留は国策だと。多くの弁護士や巷でも行っていた。長すぎるではないかと。

なにか隠ぺい工作も考えられたのか? 

又しっかりとメモで残している姿。
当たり前だと思う。

コミュニティだって議論した経過や決定事項など議事録作成をしているではないか。

それを文書改ざんまでして、取り繕うことに時間・つまりはお金をかけてきている。

実りがないどころが公務委員としての法律違反もしている実態。処分者が出るのであろうがしっぽ切り??なにしろ一人の方は自殺をしているではないのか。事実は明らかにはならない状態であるのだろうか。 

それに引き換え、詫びを入れるのに、顔をださないことは考えられないとたった一人で記者クラブから。学校という所属があるというのに、大人がだれ一人つかないで発表に臨んた20歳の姿。

巷では潔いという表現と真実を語っているその姿と評価が高い。

でもそんな彼がコーチ・監督に、そういったことを促され、実行するまでの気持ちを思うと、その時に、『これやったらあかん、これやったら生命の終わりや。』とは思えなかったのかな。

対戦相手の今となっては被害者は知らない間柄ではなかろうし、加害者・スポーツマンシップ、そんなことを考えても、考えただけでぞっとする話。

その時の彼は、生きてはいなかった(表現??)のではないか。精神を清くできることなくただただ代表に選んでほしいという選択肢を維持することに終始してきていたのか。

もし自分だったらと・・・。命令されたら・・・と。
私なら、『子ども・生徒(教え子)に、顔を向けれられないことなのか否か』判断するだろう。
ものを考える尺度、大事なことだと。 

部活、されど部活。現役の時、生徒は、部活をやめる・辞めないで、悩みを伝えてきたことがある。

何が大事で、何を忘れてはいけないのかと。最終的に判断をしていかざるを得ない。よくない行いをした。
…丸坊主にせよ…・このことだけをとっても賛否さまざまだった。そこに受け入れるのか否かの岐路がある。

それだけをとっても大概重たい話である。

今度は、若い20歳の彼の今後を大いに期待して。

過ちは起こる!それを土台にどう生きるかだと。

しんどいからこそ、しんどい時を経たからこそ、これからの動きを期待してみな見てる。



9:00~桜小グラウンドでグランドゴルフ大会  

 
b0096463_10065056.jpg
b0096463_10065446.jpg
b0096463_10065818.jpg
b0096463_10070893.jpg
b0096463_10071144.jpg
b0096463_10071839.jpg


初めてチームメート6人の中に入って競技。結構面白い。  

終わって後はつくって頂いていたカレー。成績発表前のイベントでした。  

私も50位、鉢植えを頂きました。



11:30~帰りは総合体育館喫茶室「あおぞら」立ち寄りました。
多田中の教え子がここで働いていて、今日は出勤日だとメールが入り、早速働いている姿をと。
アイスコーヒーを頂きました。

キセラ川西中央公園ではイベント盛りだくさん。人一杯。
芝生の上にテントを張ってお昼寝バージョン。いいですね。  



b0096463_10081270.jpg
b0096463_10081666.jpg


[PR]
by tsudahibi | 2018-06-08 10:10