つだ加代子日誌

5月18日(金) 

14:00~ 久しぶりでお茶のひととき。    

空間が大好きなJR中山駅近くの『らんぷ』。
じっくり話し合う、ゆとり時間が持てる場。たくさんの話、話題豊富。大事な時間。 18:30~22:00 多田中時代の職員との会食。   

当時、多田中に集まった教職員8人。予定の9人とはいかず、どんな時もだれか不在となるくらい、それぞれの時間が変化してきている。

今回の欠席者は母親の看護。それでも誘いがかかったら、会いたいと思う仲間で、当日何とか都合をつけてと思うのでしょう。

そんな仲間がいることに有難いなと。

丁度、夫が亡くなり、我が家も大変な時に、一緒に過ごした仲間。次回の招集担当を決めて終了。過去を思い出し、今を悟ると、その変化にものが言えなくなるよう。過酷な日常を聞くが、それがつぶやきであって、『同感だ!』とする発信が届かない。ぶつぶつはあるが、まとめられない。   

当時も管理職に対し、若い女性が受け取り、感じたことを語り合う場面がいくつもあった。感じ方が鋭いとか鈍いとかではなく、質していかなければならないと発信する仕組みがあった。

今では???しかし当事者がつらいと声があげられるような動きが必要。

ただただそう感じて過ごしました。職種は皆違うのです。
校務員・養護教諭・事務職・嘱託・正職教員。その違いがまたいい。

隣のテーブルには、市職員が4人で、しっとりと。

[PR]
by tsudahibi | 2018-06-03 09:34
<< 5月19日(土)  5月17日(木)  >>