つだ加代子日誌

tsudahibi.exblog.jp
ブログトップ

3月2日(金)

10:00~ 厚生文教常任委員会 津田はこの委員   

民生部では認定こども園の件・教育委員会では、人件費での補正が出ており小学校で200万円、中学校で500万円、川西養護学校で500万円減額。なぜなのか?必要と思ってつけていった予算の人件費減額はなぜ?・・・・人を探したがいなかったことで付けられなかったのではないことを確認。差額が出ても生徒児童には影響なしの減額と。

了解。  

国民健康保険・高齢者医療保険・介護保険のそれぞれ1年ごと、2年ごと、3年ごとの改定に係って、市独自ではない、県で徴収をしていく事務的な要素を一括実施していく年度になっての話し多々。終了後には、委員協議会  教育委員会からの、悉皆学力調査結果のまとめ報告。    


例年以上に詳しい資料分析がされ詳しく掲載されてきていました。たくさんの時間を費やして、整理されたことに対し深く敬意を表します。そのことをお伝えしつつ、ならばそれを改善するためになにをしていこうと具体的な案を示していただきたいなあと。やりっぱなしではなく、かつてはきんたくん学びの道場を開始されたいきさつがあった。其れも数年は立ってきている。検証していきながら次のステップをしていく時期ではないのかと。川西市教育委員会の今後への道筋を期待。

16:40終了後  市民生活部との話に合流。


18:00~18:40 桜小コミュニティ会館で、チャレンジ事業の御神輿つくり隊の担当と合流。これからの計画の具体化に意見交換


19:00~21:00 文化会館レセプションルームで行われた     
「川西川辺教職員組合の押し出し会」の出席。    

毎年ある会合で、組合の執行役員になって一年間遣り遂げた方々と次年度に執行役員になる方々と合同で、組合員が集まってご苦労さん会をする日。
たくさんの仲間が出席してそれぞれに話をするひとときが持てました。
その賑わいの中、若い世代の教員が多いのにびっくり。    

その場の雰囲気はちがっているなと察しました。一人ふたりと話しを聞くと、

「なりたいと思ってなった教員。おもっていた部分との違い楽しい、そこにおいての違いはない。ただ帰宅時間が遅い事には想定外」

「なんで?」

「夜は9時半ごろまで学校にいる。自分のやりかたが遅いんでしょうが」

・・・そりゃああかん。それが毎日状態では。    

「管理職試験に受かって、4月からは、管理職として。」と声かけて下さった方は、

「遅い時間でしか帰宅できない先生に対し、管理職の立場でやれることを見つけていく。」とも。

働き方改革がどのように現場で行かされて行くのか、見えてこないが。   

仲間の存在、それはそれは、すごく大きなものでした。今夜も。

[PR]
by tsudahibi | 2018-03-09 13:40

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります


by tsudahibi