3月7日(火)~9日(木)

第3委員会室にて平成29年度 一般会計予算 審査特別委員会 開催。 

津田はこの会の出席委員ではなく特別委員会の委員としてあるので、3日間共に傍聴しました。

議会改革の一環として、充実した時間を要する審査時間は入用であるが、毎年行われるこの会議で、前もって配布していただける資料の充実があれば、当日の会議中での質問も少なくなり、頂けた資料を基に質疑が交わされることで、中身の濃い議論が成立するのではないかと意見表明を会派でもしてきました。

それが実り、今回の一般会計予算審査の日から実施していこうと決まり、事前に各議員に必要な資料が手渡されました。

『聞いたことは、言ってくれるが、それ以上の深い部分の答弁なし』が常でした。

これまでの審査でも資料提供は、言わずともありましたが、不足だとも感じてきました。

当日部長等から述べられる内容のメモを、前日までに手元に届けて頂けたことは、議員の発言も大きく変化。傍聴していても、的をえたポイントの質問が、聞き取れ、各議員が、踏ん張っておられることを察しました。

質の向上が少しづつはかられてきていることを感じます。

今回は一般会計のみで、改善をということでして、来週の特別会計予算審査では、従来通りということですが、質問の質の向上を心掛けたいと思っています。 

そして内容もそうでしたが、かかった時間も大幅に短縮。3日間共に勤務時間と同じような時間に終了。これもありがたい動きです。 

部の内容で、審議が行われている時にも、関連部署の担当は必ず待機しておられ、質問によっては、即答を求められていきます。みんなスタンバイ!全職員の方々の勤務にも、影響があることですから。

3月8日(水)7:00~8:00朝の市政報告は、能勢電鉄日生中央駅頭で行いました。

次回は3月15日JR北伊丹でです。

[PR]
by tsudahibi | 2017-03-14 09:27