3月30日(月)

昼食時に能勢口のカリヨンでユックリと。
卒業生のお祝いをと。4月中旬に配属先も決まる18歳にこれからの生活を考えて激励をと開いたもの。このカリヨンも思い入れ一杯の場所。一杯の心配りをいただきながら、素適な2時間を過ごせたと自画自賛。2年後もまたこの場でねっと。

かつてミャンマー・中国四川省に、義援金をと市役所ロビーなどで協力を呼びかけていたがその後どうなったのかと電話連絡をいただき、さっそく係りに確認。
以下はその報告です。

ミャンマーへの義捐金について】確認
2つのルートでミャンマーへ役立つようにと考えられた。
1)日本赤十字社。
 
川西市から、日本赤十字兵庫県支部へ 13万4647円。 
本部に届けられて、ミャンマー本部に送金。現地で、仮テント・シェルター・建設資材費用・薬品費などに活用された。 

2)兵庫県防災企画課は募った
兵庫県からの義捐金は、合計で2088万3822円(うち川西の分だけの額は不明)  
・ミャンマー政府には贈らない。
・生活費として配らない。 
・医療系の診療所をつくっていくことを計画中。今この金額全部は蓄えられている。


単純にすぐに使われてはいないことを知る。考えられての結果と思われるが、緊急事態と思って募金活動に参加したとすれば少し違った形のものになっているのかと。
使い道を紹介しての募金との違いを思う。
by tsudahibi | 2009-04-10 23:27

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子です。ご訪問ありがとうございます。 皆さんのご意見・ご要望をお聞かせいただき一緒に考えたり共に行動をおこしていきたいと思っています。 よろしくお願いします。


by tsudahibi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31