6月19日 月曜日

川西の南部久代小学校に行きました。5:00過ぎて校内放送の牛尾先生のお声。「早く帰りましょう」の呼びかけでした。川西中学校時に、大変お世話になりました。こうして校長先生として勤務していらっしゃりながら、地域の植物、小動物にも以前に増して、小学生に関心を喚起していらっしゃる様子にしばしお話を伺いたくなりまして、校長室にお邪魔しました。話しがつきません。校庭でひょうたんを植えて、ドーム上につるを伸ばして栽培していくのだそうです。ちょうど大人で手に届く高さでして、ひょうたんができるころ、もう一度お尋ねして、実りを感じさせていただけたらと思いました。デジカメ忘れてしまってもったいないなあと思っています。
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-19 22:19
6月18日 日曜日

12:00からの神津小学校の同窓会
17人の集いでした。一クラス65人ほどで、7クラス。7人の担任の先生ももうお二人のみ。転校生の私は、自分のクラスの人だけしか知らないほどの大人数でした。しかしここで6年間を過ごしたという友も「知らない」人ばかりのようでした。自分が何組で、だれ先生の担任で、だれと一緒だったのかなどなどおぼえていなくて、60歳になるとこういうものなのかなあと驚きも。美味しいワインを頂きながら、16:30まで一緒に過ごせました。御堂筋のミドリいっぱいの淀屋橋のお店でのひと時、ほっとできる時間でした。「10月選挙に向けての頑張りを!」と乾杯の中で担任の先生から言われて、赤くなる私でした。変化する十三のまちつくりを今もしっかり考え続けている彼らとともに、私は育ったまち、川西でやる!!!の心意気をもらいました。連絡取り合って力をもらおうと思います。

17:50 やっと着きました。神戸外国倶楽部に。
INDIA太古のひびきat the神戸外国倶楽部~スペシャル雨季まつり~に参加してきました。

参加団体として<レディス・ソサエティ>が入っており、代表の加藤裕子が渡印中で、留守を預かるのが私の役目。長机ひとつのブースを頂いて、インドの生徒作品を並べて、買っていただき、カンパも頂いてきました。そこで出会う方々との話も心地よくできました。インド古典舞踊を見たり、ブンとシタール奏者石浜匡雄の演奏を聞いたりと身体が自然にういてきて、踊りも教わり、マサラダンスを一緒に踊りました。いいですね。心が開放されていきます。 20:00 終了。「一緒に食事を」となりサッカーの試合を横目で見ながら、ハーフタイムまで、ご一緒できました。JRで帰宅したときには、引き分けていました。残念なり。
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-18 22:20
6月16日 金曜日

平野の看板をつくっていただくところに出かけまして、パソコン上での見本を頂いてきました。前回、「語る会」の皆さんに助言を頂いて、6種類の中から、2種類を選んでもう一度希望を入れ込んでいただいていました。この24日の「語る会」で決定していくことになります。写真は、見本の一部です。オレンジの色に気を使いながらの選択です。実はこの看板でも、楽しいつながりとなりました。多田中の担任させてもらった卒業生のご自宅だったのです。
b0096463_22155315.jpg

[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-16 23:02

畦野駅頭、朝立ち

6月14日 水曜日

一週間はあっという間でした。前日には、気が引き締まって早く寝ないと起きれないのではという感が強く、早々と眠りに突きまして、早朝2:00起床。原稿を書き続けました。

朝明けはやはり気持ちのいいものです。

のせ電に乗ると、川中の卒業生と二人組に会いました。英語の本を見ながら、朝練に参加する様子です。「朝ごはん食べた?」の声賭けをしつつ、席をはなれました。きっとこの電車内で英語を覚えようとしていたんだと思うと。

畦野に着くや否や、6:50。懐かしいお二人が待っていてくださいました。ご夫妻で。
お元気で今をいらっしゃってること、それ自体がうれしくて思うのですが、こうやって朝の早くから駅までおいでくださるとは・・・。何が何でも・・・に意欲もわきます。またお孫さんの登校の見守り隊としての地域でのご活躍、ありがたく感じています。いつまでもお元気で見守っていてください。ありがたいです。
b0096463_14183873.jpg


12:30 孫のポリオの生ワクを受けに付き添いました。
「津田先生???」の声をかけてもらいました。「この子のお父さん、知ってますか?」っと。後ろから現れました。その子のお父さんが。懐かしい、多田中学校の卒業生でした。
子育てにしっかり参加している彼。その時仕事が休めたら休んで一緒に・・・。ですって。
いい時間を今もてているんですね。なごやかに、落着いた二人でした。このhttp://www.geocities.jp/kayokayo1947/を見てくれているでしょうか?

猪名川町の北、笹尾地区に行ってきました。
ホタルを求めて・・・ではないのですが。
阿古谷やここら辺りでは、業者がホタルを取りに来て、まさしくかっさらって行き、その人の集団が来ることで車の騒音があり、被害となっていることを聞きました。自然の中にそっとけなげにいるからこその風情なのに、・・・・・。この時期、川中の池(?)にも明るく照らしていてくれたこと思い出します。ホタルが帰ってきたのか、あちこちで情報が入ってきますね。そんな豊かな時を過ごしませんか?
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-14 23:15
6月13日 火曜日

川西中学校の校区は広いんです。宝塚市と交錯しながらの地域もあります。私の地域でもありますので、卒業生や地域の高齢者の方々をお訪ねしました。峠を越えて降りるとほっとできる空間ですが、やはり遠い!!!ここから川西中に登校していた生徒の毎日の様子を思うと「立派なものだよ。」って言いたいくらいです。休日、歩いていかれてはいかがでしょうか?
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-13 23:06
6月12日 月曜日

この夏の川西の納涼祭が、中央北地区と呼んでいる、工場の跡地(川西警察の前)で、行われます。7月29・30日です。卒業生の発案で、他の年度の卒業生もやろうとよってきてくれて、保護者もよってくださって、いざ、申し込みをということで、行ってきました。
6月21日実行委員会で決定できるようで、津田のほうに連絡があります。

場所代金が13000円ということで、かなりの支出かと考えますが、テントを張れば半額でいいとかと伺い、何とか借りれはしないかと考えています。
多く名前の入っているテントですからお借りできないかなとは思いつつ。どなたか貸していただける方法をご存知の方はいらっしゃいませんか?
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-12 23:04
6月11日 日曜日

 華やかな色彩の洋花からミドリと紫の清楚な感じの野の花、ユックリと観賞させていただきました。こんな時間を日常的にとっていくことが大事なのだといまさらながらに思いました。この日・時間にしっかり水揚げをさせたいと思ってもできないこともあるかと、別の場所にバケツに入れられた同じ花が水揚げされて、控えているのですって。
同じ花でもこうしてみんなにみてもらっている花もあれば、美しい花器ではなくバケツでひっそりと今を生きている花もあるのですね。その支えがあっての、この花か!と思いました。

 決してわたしの作品ではありません。サラダ菜が花器で寄せ合っていました。

b0096463_12184890.jpg

[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-11 22:17
6月10日 土曜日

内容は、①この日までの各地域の様子。交流。
     ②「つだ加代子」の看板の件。ひとりは12枚の看板をかけられるとい
       うので、 たて・横の2種類を考えていただきました。
     ③川西の今年度の夏祭りに向けて。12日にも津田から、市に申し込
      みをしていきます。
     ④事務局長からの提案。・・・・・

2時間ほどですが、遠くからの方々も加わっていただけて、ありがたい時間となりました。
ちなみに前回参加していたインド・レディース・ソサイアティの加藤さんは、
4日から60日間のインドの活動に出発していきました。きっと8月には、インドの仲間からの津田へのメッセージが届くものと楽しみにしています。

次回の「つだ加代子と語る会」は、6月24日(土)17:00~つだ宅にて行います。
宜しければご参加ください。
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-10 23:50
6月9日 金曜日

川西の「リンドウの会」で、滋賀県の水郷めぐりと町並み保存に力を入れているまち、近江八幡の散策に出かけました。昼食時、5台のバスの皆さんが一堂に会しての美味しい会席料理で舌づつみをうちました。東谷でお世話になった保護者の方、多田中でお世話になった方々、子どもの保育所時代の仲間のお母さん、子どもの担任の先生などなど懐かしい方々に出会えて、途中、グループからはなれて川西に戻りましたが、ほっとできた午前中でした。
b0096463_1210559.jpg
b0096463_12102957.jpg


急いで帰宅して夕方。猪名川町で行われるという「新任教職員歓迎のスポーツ大会」に出かけました。教育委員会・各小学校・各中学校・各幼稚園が一緒になって、玉入れを3回勝負で競うものです。それがおもしろいのです。「座って玉入れ」なんです。体育館で。こんなにして新任の先生方や転勤された先生を全体で紹介していく企画。いいものです。みんなの顔が見えて和気藹々でした。

 久しぶりで、母と二人の食事を終えている頃、書記局の先生から電話。飲み会の誘いです。嫌いではないので、もう母と食事もすんでいるので・・・といいつつも出かけました。
それがまた、楽しからずや。娘の小学校友だちのご両親がされているお店でした。入るなり、「つださん!」わ~~うれし。少々二日酔いとなっていきました。
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-09 23:51
6月7日 水曜日

一応のところ、この私もいうことを考えて望んだのですが、なかなかうまくいえなかった。
難しいです。
街頭では、車の騒音あり、ひとの波ありで、気持ちがいっぱい一パイのところへ、話す内容が、まとまっていないと難しいです。当たり前ですかね。

行ってみてまずはびっくり。現在の市議会の会派として作っている「連合市民クラブ」の仲間の一員として現職5人に混じって機会を与えていただいたというものでした。ということは、自分自身ともどもここに集まる全議員が互いに相手の立場も評価しながら、ともにやっていこうという「朝立ち」でした。ということは、ともに・・・・という言葉をいれていく中で、市民にアピールをしようというものでした。現職の議員さんは、現在に市議会の様子を報告されていきます。しかし私はといえば、これからの川西市のこと、これからの私のアピールをしていく機会となります。これでいいのでしょうか?とわが身に問いました。かといって自分自身のことを述べないで何かいえるわけでもなく、現在の川西市の様子から一歩出ていくことも語りたいし、といえば批判になるのかなと戸惑いました。準備して要った原稿の10分の1もいえなかったのですが、次にかけてまた挑みます。
※第一声の風景※
b0096463_1725434.jpg


※歩道橋からの二人連れ※
b0096463_1742944.jpg

[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-07 23:58

仲間の教職員組合訪問

6月6日 火曜日

早朝から川西を出て、辻議員と共に、大阪府・大阪市教職員組合に出かけました。いろんな先生方の力をお借りしての今を思います。この地は、かつて私も23歳のときに訪ねて、面接を受けたところ。豊中でスタートを切ることになった日のことを思いました。帰途、豊中、箕面、池田と通過、懐かしいまちも大きく様変わりしているのを目にしました。豊能郡にも行きました。ここは大阪とは言うには、・・・。のどかでいいなあとほっとできる場所。途中広域ごみ焼却場の建設反対の赤いのぼりが目に焼きつきました。


b0096463_1657517.jpg

※写真の説明※
<難波宮跡が大阪市教職員組合のあるビルの下にあるのです>
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-06 23:54

昨日にひき続き・・・

6月4日 日曜日

昨日に引き続いて、緑台の地域を歩きました。広いです。向陽台・緑台・水明台、二軒と同じお宅は無いのですね。ひとりの卒業生に、偶然路上で出会えました。「知ってるよ」の声をもらいました。

 10:00から午前中の1時間は、パレット川西での「ニート、引きこもり、不登校の会」に出席してきました。ご両親が語られた「その子」は、目に見えるようでした。また「何をしていけばいいのか、人によって違う。自分にあっているのかどうか捜し求めて、この会に出席しました。」といわれたお父さんの声が、これまでの時間を語っていてくださるようでした。
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-04 22:40

つだ加代子の言葉

6月3日 土曜日

b0096463_22354645.jpg
4人の19歳の若者と3人の大人とで、一緒に食事をしていく機会に恵まれました。帰宅は、夜の12時を回って、トボトボ歩いて 20分。明日のことを考えると、早くに休んで・・・と思うのでしょうが、今を生きていこうという感覚です、少なくともこのときは。楽しい時間が目いっぱいでした。
卒業生のこれからを思うと、夢いっぱいに描いている私です。4年後、どんなになっているのかと。でも当人達は、もっと「現実的」なように感じました。
 
こんな津田加代子の言葉を頂きました。
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-03 23:34

アマリリス

6月2日 金曜日

b0096463_22335192.jpg
6人でわいわい語りました。ここんとこ連日終電まで、語り明かしています。今、さまざまなところで働いているかつての勤務校の仲間です。年齢も違い、生い立ちも当然のこととして異なる仲間ですが、ほっとできる仲間です。退職をすでにしている私も含めて、次の人生のステップを考えていくことや、今を自身で計画していくことになっているのですが、みな「元気!!」です。
現職の方からは、「退職したら元気になるのかなあ」の声も。
何かに取り付かれたという感がなくなって、ストレスもないのでしょうか?

 丹精こめて庭の植木を創っているわが母ですが、今年も元気にアマリリスが咲きました。
[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-02 23:59

アジサイ

6月1日 木曜日

昨年の退職時に頂いた鉢植えのひとつ、アジサイが今年元気に咲きそろいました。6月の雨に打たれてもみずみずしく咲くこのアジサイ、今年も送り主のことを思い出しながら、眺めています。さあ見てください。元気がいいでしょう。
b0096463_22315637.jpg

[PR]
# by tsudahibi | 2006-06-01 23:30
5月30日 火曜日

b0096463_10102963.jpg
連日夕方になると、雲行きが怪しくなり、今日も大粒の雨。
退職された先生方をお訪ねして、懐かしい時間をよみがえらせています。
80歳を過ぎた先輩先生も、同年代の方々も、「最後の学校がどちらだったのですか?」の問いに、お顔が生き生き、輝きだして、語り始められます。杖を着いて玄関まで来ていただいた方も、当時のことに触れると、話が弾みます。さすがですね。
話し始められると、元気、元気、お元気になられます。
また「腰を悪くして、早くに退職をしました。」と教えてくださった家族の方も、「今、畑に行っていますので留守ですが。」とお知らせくださいます。ご自身の生活リズムで、ゆったりとされますように。

ふと立ち寄った学校で、中庭に咲く、こんなバラ園に出会いました。真っ赤なバラ、うすいピンクの花、紫の花、色とりどりのバラの園でした。満開です。
「朝7:30から、地域の方々にも入ってみていただいているのです。犬の散歩のコースにもしていただいています。」とのこと。手入れが大変でしょうが、やはり、心が和みました。b0096463_1011675.jpgb0096463_1011326.jpg
[PR]
# by tsudahibi | 2006-05-30 23:00

歩いて・・・

5月29日 月曜日

まちを、歩いて、歩いています。南中学校の校区を歩くと、緑のフェンスに囲まれた区域が転々とあります。伊丹空港の航空機騒音の測定やその対策のための施設や設備があった場所だとかで、今は空き地になっています。地域の方々はそんな空間に草花を植えて、憩いの和みの空間として頑張っていらっしゃいます。聞くところによると、国の所有で、手放してはくれないとか。しかしこんなに点在して、小さな空間があると、まちの活性化とは違った方向に行っているという感がします。この行く先は・・・・?
[PR]
# by tsudahibi | 2006-05-29 23:00
5月27日 土曜日

つだ加代子の自宅前通りは、細い道路で、行き止まりの地でもあるので、お隣同士の様子は比較的わかる方でしょうが、(どこかに出かけるときは声かけあってなどなど)それでも、立候補宣言をしていくのには、いろんな思いがこめて・・・。
でも発信をしていって、ご迷惑のお詫びもしていかなければと聞いていただきました。この地から現在市会議員が、出ていなくて、これまでのことをうかがうには、おひとりおひとりから、伺っていくしかなく、地域を訪ねて 教えていただこうと思っています。
「わ~~うれしいです。頑張って。今までいらっしゃらなかったから、やってください。」うれしい声をいただきました。

 10:00~16:00まで、退職された先生方を訪ねて、歩きました。そうかこれだ!「靴を何足履きつぶすかや!」といわれていたこと実感です。お世話になった校長先生や先生方との再会をこういう形でできるとは・・・。「あがってもらったらいいんやけど、孫がきてて・・・・。申し訳ない。」と言われたけれど、我々が突然伺っているのです。申し訳ないのは私の方です。戸口からも聞こえるお孫さんの大きな、にぎやかな声。75歳(?)といわれたけれど、そうは見えないほど、お元気そうでした。
[PR]
# by tsudahibi | 2006-05-27 23:00

忙しい1日でした

5月25日 木曜日

3人目になる孫の「4ヶ月検診」に付き添ってきました。上の子どもを連れて、4ヶ月の子どもを抱っこして肩から荷物をいっぱいさげて、診察にこられている方も多く、たくましさと若さを感じさせてもらえました。手順がいい、さすがですよね。「母」になって、ひととして、鍛えられていくというとおりです。

多田中の卒業生から、声かけてもらえました。言われて「アッツ」と。彼女の子どもと我が孫は一日違いでした。美しく、お母さんになっている彼女。立派なものです。退職された彼女のお父さんも、孫の付き添いできていらっしゃいました。かつては進路懇談などで、お互いの立場で話をしてきた間ですが、こうして孫を挟んでの会話。不思議です。

また川中の保護者の方にもお目にかかれ、声をかけていただきました。保健婦さんたちの赤ちゃんに寄せる表情、暖かな、いい笑顔を見せていただきました。こうでなくちゃあ!

リーフレットもでき、「つだ加代子と語る会」も久しぶりに開きました。多くの方々との出会いをこれからも楽しみにしていきます。
つだ加代子と語る会に加入していただけるように呼びかけていきます。
《ともに創ろう!元気になれるまち川西》
一人の候補者で、12枚の看板を立てることができます。その看板に入れるキャッチフレーズが長すぎやしないか、見えにくいのではないかという論議になりました。看板屋さんと相談しながら決めていくことになりそうです。(写真はその会議風景)
b0096463_1791796.jpg

[PR]
# by tsudahibi | 2006-05-25 23:00
5月23日 火曜日

40歳になった彼らの同窓会。どんなに変わっているのでしょう。子ども連れで、夫または妻も共に、いろいろな企画を考えながら、この夏の会として、活動を始めていました。相変わらずパワフルなメンバーです。ケーキを焼いて持ってきてくれる人、クッキーを、コーヒーを、自ら作った黒豆を、お弁当を持参でやってきてくれるのですから。我が家がそんな風に活用してくれること、大いにうれしく思っています。
またその年度の彼らの中で、美術部で、絵や手作りの作品をいろいろ今も創り出している彼女、こんなのを作ってきてくれました。これを持って出かけて、多くの方々の前で話せる日が近いことを計画していきます。がんばるぞ!!!!
b0096463_13525736.jpg

[PR]
# by tsudahibi | 2006-05-23 23:09

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります


by tsudahibi