特別会計・公営企業会計予算審査特別委員会 出席

3月15日(木)

 特別会計・公営企業会計予算審査特別委員会 出席

  一般会計予算審査特別委員会とは大きく違ってみえました。国民保険会計・病院・水道事業・先行土地取得などなどそれぞれに会計の手法が違って見えまして、「審査する側」よりも【審査される側】の方がプロであり、考えられている状態が何年にもわたってあるのです。10月選挙で、はじめて知った私のようなものが、全てにおいて、調べていくことからはじめていくのですから、本当に【一年目は見よう見まねでやるしかない】といわれたことを現実と感じてしまいました。
ただひとたび質問になれば、詳しく資料を出してきて細かな説明をしてくださる状況からは、こちらもしっかり調べて質問をしなければならないなあという実感を持ちました。
構えるとなかなかできないのですが、でもひとつ 質問をしました。
下水道のことでです。下水道促進に関しての予算が上がっていましたので、

①この予算は川西のどの地域に関わるものなのか?【鼓が滝地域】

②まだまだ促進ということでは、100%普及までにはいたっていないのですが、この後どのような地域で、進めていかれる準備があるのですか?
【普及率94%】【赤松地域・石道地域・芋生地域】

③この地域以外でもあるかと思いますが、その地域に関しての今後の方向は、? 【地権者の関係で、個人的なことでは進められない】
 つまりその土地をもっていらっしゃる方がどのように考えていらっしゃるのか、市道であらば市でしていくことになるのでありますが、・・・。

④市街地からはなれた地域でお住まいの方で、川西市民というには、程遠いような支援しか市から受けていないような方々がいらっしゃるけれど、その方々への支援を考えていってもらいたい。一律ではないような支援があっていいのではないか?
また川の上流域にお住まいの方々でありますが、環境問題から見てこの状況はどうなんでしょうか?

一般質問よりもぐっと早く終わりました。


急いで友人のお通夜に出かけました。
多くの方々はすでにお帰りで、懐かしい方々との再会はできませんでしたが、たった一人待っていてくれた方との再会を味わいました。今夜の亡くなった方と「大阪に来れたら一緒に飲もうね」と言い合った仲の3人でした。でもおいしいお酒がもう飲めなくなりました。今夜は、団塊の世代の違った面を知りました。辛い別れでした。

明日の葬儀にも参列し、お別れと向こうの地で、早く亡き夫に会って欲しいなあという思いを伝えたいと思いました。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-23 14:51

一般会計予算審議特別委員会 第3日目 傍聴

3月14日(水) 

7:00~8:00 恒例の朝の市政報告会 今朝は清和台オアシス前にて。

10:00~21:00 一般会計予算審議特別委員会 第3日目 傍聴

全部の質疑が終わった後、この特別委員会の中で、採決となる。自分の意見を述べて、その上での賛成・反対の決意を述べていく。慎重な審議が行われて、賛成多数で、委員会審議は可決となる。26日3月議会の最終日には、全議員の採決となる。その上で、19年度の川西市の方向が決まっていく。3日間の会議の中で、気を抜くことができないほど、神経が張り詰めていた。肩に力が入り、大変なことにわが身が立ち会っているという実感でした。勿論ひとりでしているのではないけれど、迫り来る重たさを感じました。16万市民の今これからを担っています。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-15 19:32

川西中学校第60回卒業式 出席・一般会計予算審議特別委員会 傍聴

3月13日(火)  

10:00~ 
1年入学時に一緒に空気を吸った彼らです。
吹奏楽・生徒会活動・図書ボランティアなどの機会で会っていた彼らです。こういう形で出席させていただけること感無量です。イツでも どこでも 懐かしい声をかけていける川西中学校の生徒たち、わたしは大好きです。生きているってことの実感を感じさせてくれる彼らです。
地域のおばさんとして見守っているよって言うメッセージを送りました。

予算審議特別委員会はこの行事で、午後から開始です。

 13:00~ 多田で 話を伺うことになる。

 13:30~ 一般会計予算審議特別委員会 傍聴二日目です。

    一日目の審議の続きが行われていました。

    理事者側の意向:産業振興まつり(JAまつりと商工まつりの合併)をしたい。
    予算100万円をあげている。

    委員の意向: 昨年やった市民まつりをなぜやめるのか。
    産業振興まつりをあらたにするのはいいけれどなぜやめるのか。
    ダイエーでしていたものを昨年に中央北地区でやった。
    実行委員会でもやめるとは聞いていない。
    8月1日というのは川西市制の誕生日でもあるので、意味のある日程であった。
    なぜやめるのか?

    論議の末 3日目の採決時にも意見として出された。
    
  17:00~ 夫の親友で、私達の仲間でもある彼の死去の報が届く。
明日は友引。あさってのお通夜と聞く。特別会計予算委員会の日、深夜になっても会いたい。


 比較的早く 18:30帰宅する。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-15 19:30

一般会計予算審議特別委員会 傍聴

3月12日(月)

10:00~一般会計予算審議特別委員会 傍聴

具体的な予算案の数値などは、「つだ加代子と語る会」会報に報告したいと思います。
項目ごとに説明があり、委員の方から質問をしていきます。30人の議員の中で15人ずつに分かれて、一般会計予算と特別会計予算とで審議します。私は特別会計予算審議の担当でしたが、一般会計予算も詳しく知りたいと、一緒に傍聴してきました。もちろん発言はできませんが、同じ会派の委員に質問を託すことができます。この日は、夜11:00まで 休憩を挟みながら、やり続けていました。
  委員もそうですが、市役所の管理職の方々もきっとお疲れと思います。自分たちが立てた予算の審議ですから、通って欲しいと思われるのは当然でしょうが、委員も過去の経緯もあるので、引き下がりません。


14:00~15:30 「つだ加代子と語る会」の散策の会の件で、話を進めました。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-15 19:25

伊丹朝鮮初級学校 創立60周年 新築10周年記念式典 

3月11日(日) 

10:00~12:00 伊丹朝鮮初級学校 創立60周年 新築10周年記念式典 出席

  川西からこちらに来て学びました。
  川西の・・・に住んでます。
  川西にあった学校が移転になってここ伊丹に通いました。
  説明をしてくださった川西在住の方々。セピア色の記念写真が一杯でした。

b0096463_19222496.jpg


b0096463_1922408.jpg


b0096463_1922552.jpg

    
  
  インドの子どもたちの支援で教育が大事と考え、校舎の建設にカンパをしたこともありました。 コリアンの1世2世が民族教育の重要性を思って、各種学校扱いの長い期間も財産をはたいて、子どものために次代を担ってゆく子どもの教育に力を注いでこられたことを思います。
子どもは宝、教育がその原点、学校が文化の発信基地。

 4・24阪神教育闘争の重みをここでも感じました。子ども達の身体からあふれる声をしぐさはいいものです。

 来賓の話の中に、伊丹空港の航空機騒音対策もしてもらえず、耳を劈くような轟音の中での授業があった。阪神大震災のときに校舎がつぶれ再建されたとき、二重窓にやっとなり、騒音から逃れられたということを伺った。7000万円の補助がやっとついたのだという。伊丹空港に近い、一番近い学校です。


  13:00~16:00 元町で、演劇集団を立ち上げた方に出会って話を伺う。

   兵庫教育大学の院生が、大学の予算をつけてもらって、「学校に行けない子どもたちとともに演劇活動」を創っている話を伺いに行ってきました。私自身が川西でやってみたい、こういう活動を仕掛けてみたいと思っていたものですから、同じように考えているかたがいらっしゃる事に嬉しさを隠せず、・・・。会えました。お若い彼女でした。頂いた資料を参考にして、教育委員会や、生涯学習部などにセオリアなどに出かけて、構想を聞いていただこうと思っています。

  17:30 教え子が 似顔絵を 描いてくれました。

    つだ加代子と語る会」の会報の津田のスケッチを描いてくれた彼女が、またまた素敵な作品を描いてくれまして、いただきにいってきました。活用させていただきます。皆さんまたご覧ください。実に優しいタッチのものなんです。こんな私もやさしく見えます!
ありがとう!!!
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-15 19:24

子どもの人権オンブズパーソン年次報告会

3月10日(土)
 1:30~3:30  子どもの人権オンブズパーソン年次報告会  アステホールで。

 名古屋の小学校の先生が話題提供もしてくださいました。紙面でも報告がありました。
 「先生 元気を出して・・・」というものでしたが、ひとつのことをどういう角度から見るのか。
 そんな多彩な見方を知ることで、人は、元気になれる。
               そんな価値感の仲間がいっぱいいたよ。
                  それがまた新鮮だった。
 いっぱいあることよりもパターン化することに力を入れてきた時期があった。
     マニュアルを作らないと・・・・・。
 ひとつの学校であるのに
 3つの学校【3つの学年で違った価値を披露していたとき】のようになってきたなあ
    それぞれが自分なりに感じ考えたことを表現するのではなく、
         このときはこうしたらいいというパターンを採用してきた。
               
         先生がしんどくなってきたら、子どもはもっとしんどい。
       いっぱいのエールがあった。聞いていてほっとできるものがあった。

でも現職の先生はこの日も学期末の作業できっと忙しくされていたことでしょう。

時間を創りだして、元気印がみなぎるように 共に取り組みたいなあと思います。
b0096463_19211093.jpg


b0096463_19212426.jpg


 

18:00~20:30 平野の岡やすえ県会議員の事務所で、会議に参加。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-15 19:18

3の3のクラス会

3月9日(金)

 10:00~ 建設常任委員会 傍聴
 終了後連合市民クラブ議員そろって、アステホールのソロプチミスト チャリティーバザーへ。

 19:30~ 梅田にて、多田中学校。
 選挙前に 会えてアドバイスをもらっていた彼ら。
        決起集会で、当時を思い出してエールを送ってくれた彼ら。
        一軒一軒近くの方々に紹介してくれた彼ら。
        連絡を取ってくれた彼ら。そして集まった同窓会。
        10月15日 出発式で、がんばれと伝えてくれた彼ら。
                   花束を準備してくれた彼ら。
        遅い時間のミニ集会に顔を見せてくれた彼ら。

 いっぱいの思いを抱いてのその後の再会だったのに、会ったらなにやら直接話が出ない。
 気遣いいっぱいの彼らでした。これからどうするの???津田はどうしたいねん。
 気持ちをつなげてくれました。有り難いです。

 ユックリ議会が終わったころ、3の3のみんなにメールしますね。
 其れまで暫く待っていてください。皆で一堂に見れるメールを送ることを約束しましたから。

 しかし、あれから5ヶ月。
 ひとりは2児のパパに、ひとりは結婚。またひとりもこれから結婚。変わってゆきます。
 嬉しい便りでした。   またあいましょう。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-15 19:16

「川西市子どもの人権オンブズパーソン条例の2006年次運営に関する報告」会・厚生経済常任委員会

3月8日(木)

3月10日(土)13:30~15:30 アステホール6階
「川西市子どもの人権オンブズパーソン条例の2006年次運営に関する報告」会開催


今年は、「先生が元気でいるために」と題して岡崎勝さん(名古屋市立小学校教員)が話題提供をしてくださってのパネルディスカッションがあります。 と挨拶の中で私から、川西の情報を送らせていただきました。


 10:00~ 厚生経済常任委員会 傍聴

   議案と請願5つ。
   ここでは、指定管理者を決めていったいきさつとそこにつけた予算のことでの質疑に多くの時間がかけれました。
   「指定管理者」とは、民間の力を借りて、経費の削減もできればという視点から18年度に議論され、決められていった仕組みです。この日の会では、地域の会館 牧の台会館・加茂ふれあい会館・多田東会館・満願寺ふれあい会館・花屋敷会館・鶴寿会館のことでした。
   指定に関しては 公募か非公募かで話をすすめていく中で、地域の方々ともしっかり連携のとれるようにということで、地元コミュニティーのお考えも頂いてということで、相談の上、全て非公募で、決まっていったいきさつの説明がありました。納得のいく了解の下、決められてきたということです。そこでつけられた予算を問う中で、其れそれに額の違いがありまして、そこにかける人件費は同じですが、設備自体が違っていることも明らかになりました。 
    16:00中途で、退室。

 18:00~ 前 川西市長「柴生進」さんに感謝する集いに出席  

   神戸の 教育会館 ラッセホールでありました。

  JRでばったりご夫妻にお目にかかり、ご一緒させていただきました。100人ほどの退職された教職員・現職教職員ばかりの会でした。

1975年初当選当時の秘話や県会議員・市長と歩まれた足跡を出席の先輩方から話していただけました。かつての選挙ポスターも披露してくださいました。ベニヤ板で糊付けされたセピア色のものでした。
b0096463_17441935.jpg


  全国に先駆けて川西で立ち上がった「子どもの人権オンブズパーソン」制度。柴生さんの業績として語っていただいていました。そこで、下記の会があります。ぜひ参加を御検討ください。

3月10日(土)13:30~15:30 アステホール6階
「川西市子どもの人権オンブズパーソン条例の2006年次運営に関する報告」会

[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-09 10:19 | 子どもの人権

市政報告会 畦野駅頭  ・  文教公企常任委員会

3月7日(水)

7:00~朝の市政報告会 畦野駅頭で。

 ここんとこ小春日和みたいな陽気でおどろいていたら、今朝などはまたまた冬。手指の先がしびれるようで、またまた寒さはぶりかえしていました。
 でも気持ち比し締まります。肩を丸めて歩いて、走っていかれる方が、我々市議会の「連合市民クラブ」でつくるビラをそっと手にとっていただけると有難うございますという気持ちになります。出勤前の忙しいこの時間、わざわざ私の立つところに来て、にこっとして、出勤していく東谷中学校の卒業生をおはようございますと見送っていることに大きな喜びを感じてしまいます。この日、私は 10分ほどマイクを握りまして、お伝えしましたのは、総括質問の中で出てきました

①高校選抜制度の問題点をおいかけての話と
②中学校の給食についての市議会の報告とを伝えました。

 かつてこの地で、活力あるお元気な保護者の方々と共に 月2回の土曜日「語る会」を開いてきましたが、そのエネルギーの再来を期待しています。地域の力が集まって、地域の高校を育ててきたいきさつを思います。

地域の教育力を結集させようと叫ばれているときです。ミニ集会を重ねながら、教育を語っていく会を持ちたいなあと思っています。

おなじ想いのお方がいらっしゃれば連絡いただきたいと思っています。

10:00~ 文教公企常任委員会 出席

  私が属した委員会で 議案の説明を聞き、質問・意見を各議員から出し合いつつ、理事者側の解答を聞き、最後に賛成・反対票を投じるというものです。12月議会から2回目、議員の発言の重みと、意見を述べたのとは違った賛成・反対の票を投じる方もあることを身にしみて感じました。むつかしいです。直線的ではない現実を感じてきました。
議員10人ほどがお互いの顔が見えるように席に座り、マイクが入り、聞き取りやすいようにしつられてあります。理事者側が、詳しい質問を求められても 数値を上げて、答えられるように、別室にも職員の方々が待機しています。お待ちくださいではなく、どんな質問にもすぐにもデーターをあげて答えていただく姿に感動すら覚えるものです。専門職!!!としっかり意識できます。
 この委員会に付託された議案8つは全て可決されました。その中で補正予算案がありましたが、「就学支援事業」で、18万円の減額がなされましたが、その説明で、退学したためということでした。このことの背景にあるモノに気を寄せていました。3つの請願書には、私の理由を述べさせていただいて、反対に投じました。ハッキリさせていくことの意味とこの1票の重さをしっかり含みながら。文字にこめていく気持ちを自分の気持ちに変えながら、悩みつつ、この日の結論を出しました。一つ一つに気持ちをこめて、臨みたいと思っています。

13:30~ 会派で会議。県議会選挙に関してのこと。

14:00~ 消防署の方から19年度予算書について詳しくうかがう。

16:00~ 病院事業に関して19年度予算書について詳しくうかがう。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-09 10:09 | 朝立ち

総務常任委員会

3月6日(火)

 定例議会は、3月26日まで中断。その間に、各議案の検討を常任委員会や予算委員会で分散して討議していきます。

今日は、総務常任委員会があり、私は傍聴しました。

市役所職員の給料体系が国からの要請で変わっていく。この議案に紛糾しました。

① 給料がこれまでのようにあがるのではなく、55歳以上になると横ばいの給料になる。・・・「職員のモラルの低下につながらないのではないか。」

② また管理職から、評価されたものが給料に跳ね返ってくるというものでした。・・・
評価は個人的な要因が入り、客観的なことができにくい。そういう欠点があるにもかかわらず、国からの提言にその通りにしていくことがいいのか?

もっともっと川西独自でできることがあるのではないか。・・・・評価のあり方を考えていかないといけない。

  採決では、4対2で、賛成と決定。



  午後から、土木部の方々に6:00過ぎまで予算の詳しいことを伺いました。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-07 23:33

耐震診断 ・ 新ゴミ処理施設 ・ 政治アレルギー

3月5日(月)

 一般質問二日目でした。

耐震診断 ご存知でしたか? 
 一戸建て住宅への耐震補助制度がありますが、まだまだ受診数が少ないとのことでした。公的な施設例えば学校は、災害時には非難場所となり、病院は、治療施設となり、庁舎は情報収集の場となる。そういう意味で平成19年度から、全小学校の診断に取り掛かり、順次診断していくというものです。19年度予算には、30万円の補助を20軒分、予算化されようとしています。必要ならば、是非申込みをしてください。



ゴミ処理施設建設完成が1年延びたことから

① 新ゴミ処理施設は、直営か、委託か?・・・・この秋に決定

② 今の従業員の2年後の処遇は?・・・・・・・42名の職員がいらっしゃるが、新ゴミ処理施設での任用を進める。ここでできない人数は、市の全般の仕事をしてもらうようにする。

③ 分別ゴミ収集体制
    民間のゴミ委託料を比較してみると高いのではないか。プラスティックゴミを燃やして、燃料としていくことができるのではないか。ダイオキシンの発生も避けられるような炉を準備することができるのではないか。
    「プラスティックが燃えるメカニズム」をしっかり研究し、啓発することができるのではないか。・・・・早急に組合で考えていく。

④ ごみの有料化は?・・・・新施設にあわせて、導入するかどうか考えていく。市民の混乱にならないようにして欲しい。



 工事の遅れから、1年間施設の完成が遅れたことで、いい時間ができたと考えられる。今から混乱にならないように、計画的にしていくことができるが、計画では、すでに決まっていなければならないのではないかと思われることが多すぎる。




 この夜、3人の卒業生と会いました。歯に絹きせぬとはこういうことか。これまでの「つだ加代子と語る会」とこれからについて議論しました。

政治に関することのアレルギーは、なお深いものがあるなあと実感しました。

「政治」で動いているんですが、なんでなんやろうなあ。事実私にもそういう毛嫌いなところもあったなあ。しかしこうやって「見ない・関わらない」ことを選択していく人が多ければ多いほど、一部のものにとっての優遇になってしまっている。何とか知りたい・知っておきたい・何かやろう・おもしろいなあ・ききたい いろんな感情から、素直に空気のようにあたりまえをつらぬけるようになっていくことを目指したい。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-07 23:30 | 広域ゴミ

泉北まで

3月4日(日)

 亡くなった夫の親友でもあった会社の後輩。入院してしまいました。在宅で看護をしていたときは、私も失礼かと思いながら、大事な時間を共にと思うときには、夜ごはんを一緒にたべながら、同じ空気を吸おうと尋ねたものでしたが、入院となれば午後の決まった時間にしかうかがえないので、午後の時間 泉北まで出かけました。

8月ひとりで訪ねてくれ、我が家の夫のいる仏壇に向かって何やら話しかけてくれていたと母が伝えてくれましたが、あれから7ヶ月。黄疸が出て、しんどいとつぶやく姿に、有難うと心の中でつぶやきました。外はもう暖かな春でした。



 夜の時間、母と共にユックリお風呂に。

なかなかユックリした時間をとることが難しくなってきました。
だからこそ、見つけることが必要と思っています。身体をほぐすことを心がけたいと思っています。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-07 23:20

映画「蓋山西(ガイサンシー)」

3月3日(土)

 もともとの自分自身の時間をとりたいと思っていた土曜日。1週間分の仕事を整理できたら、久しぶりに売布のシネピピアでの映画をと考えて計画して来ました。

購読している雑誌「DAYS」の紹介で予約を取っていまして、映画「蓋山西(ガイサンシーと読みます。)とその姉妹たち」とその監督 班忠義のトークショーでした。

班監督の見た聞いた「性暴力被害者の軌跡」の記録です。

 日本軍の性暴力によって人生を台無しにされた中国人女性たちの半生を追った映画で、このドキュメンタリーを9年かけて完成させたものです。その時の秘話を語ってくださいました。
「従軍慰安婦」という言葉、「慰安婦」という言葉。「私は慰安婦ではありません」と言葉に怒りと屈辱を感じている中国人女性の方々の取材には、心をまずは開いていただかなければ事実を語ってもいただけない。近くに住む同じ中国人からも 彼女がトラウマのようになって 何度も語る話に、「もういいよ。わかったわかった。」というような 軽く見られていることに 同じ中国人からも理解されないかつての戦時下の様子に 辛く言いようのないものをこころの中にしまいこんでこられた彼女たち そのこころを捉えるのに9年かかったけれど信頼関係をつくていかれた班監督に、ひとつここにかかわってあきらめずに、完成にこぎつけられたことに力を入れて、この映画を見ていただきたいとこのページを使っての広めたいと思いました。
 車で揺られ、ガタガタ道でしか入れない地域。人口の少ない、広漠としたミドリのない景色、こんな地で戦争を起こしてきたのかとなんでこんな奥地にまでとのわからない思いもしました。
   
b0096463_23492255.jpg


b0096463_23494135.jpg

班監督のトークショーと聞く人々。あとは涙でした。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-04 23:51

一般質問

3月2日(金) 

一般質問が始まりました。

実に様々な展開がなされています。多くの支持者に連絡を取って質問のっ時に、どっと集まって傍聴席。選挙期間中にも私も感じてきた川西南部地区のまちづくりの課題。

かつて航空機騒音対策として、南部地区住民に移転を示した国。その考えで移転に応じられた住民となおかつこれまでの地域でお住まいの住民の方がいらっしゃって、騒音移転跡地が緑色のフェンスを張り巡らされてあります。ここに来て、国の行政財産から普通財産に変わってきて、平成22年までに全て売却を国が考えているということでした。

このままでここに売却をされてきたら、この地域の狭い道路とばらばらに空いている土地に、ばらばらに家が建つようになったら大変です。何とかして川西市としても道路を拡張できるように、拡幅できるような場所の土地を優先的に購入して、まちづくりをすすめていって欲しいというものでした。中央北地区のまちづくりと共に、川西市南部地域のまちづくりを考えて言って欲しいというものでした。

私自身も課題としていきたいと思っています。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-04 23:47 | 定例議会

引き続いての総括質問

3月1日(木) 

 昨日に引き続いての総括質問が行われました。

 議会の進行に関して学んでゆく過程であることを、先輩議員の状態を見て学んでいることを実感しました。

  3回の発言が議員に認められています。

  1回目は、他の市議や傍聴席に向かっての位置で、マイクを使って行います。前には速記者がいて、テープも回っています。後で文字に起こしていく作業が入るのです。
  全ての言いたいことを終えて後、自席に戻って、理事者側からの答弁を受けます。
  いっぱい言いたいことがあり、全てを言い終えて後の全て一括の答弁となりますから、しっかりいわれることを理解していかねばなりません。その後2回の再質問の機会があります。

  1回目の質問は 「通告」といって 前もって理事者側に渡しておくのです。それなりにきちんと答えていくために必要なことと思われます。ただ2回目の質問は、1回目に話した内容で、答えられた内容に関してのみ行うという「決まり」があるようです。
今回の質問で、その「きまり」が守られていなくて、1回目にいわなかったことを質問していくというくだりがありました。それを制する機会も有効に働かなくて、「決まり」を守っていくそれぞれの同じ思いを確認しなければならないのではないかと感じました。

  議会の言葉(議会用語)、議会のルール、様々な一つ一つの体験をして、これを生かせる機会をつかんでいこうと思っています。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-01 23:24 | 定例議会

3月定例議会の総括質問の初日

2月28日【水】 

  7:00~8:00 恒例の平野での朝の市政報告会。

  小雨の中、お勤めや学校に急がれる方々。いつもとは違う少なめの人。高校はきっと受験シーズンで、3年生は登校していないのではないのでしょうか?久しぶりに手指の先が凍っていく朝でした。
この日10:00~始まる3月定例議会の総括質問の初日、我々連合市民クラブが、トップバッターですので、心はもうその時のことを思って。

 10:00~12:00 総括質問がありました。【連合市民クラブ】 

 13:00~16:30 総括質問がありました。【市政会・公明党】  

 わが会派から6人のうちの代表を決め、それぞれが23日発表された「施政方針」から、19年度にかかわる川西市政への考えなどを述べていき、質問をするというものです。議会で会派を組んでいくことで与えられる時間です。この日3会派、明日は、残りの3会派で行われます。一般質問と今日の総括質問との違いは何なのか。個人でするのと会派でするのとの違い以外に何なのか。知りたいと出席していました。
    
   連合市民クラブからのそこでの質問は、

①これまでの川西市の平成15年から19年度にかけて前期基本計画として、「めざす都市像 わがまちと実感できる夢現都市」実現のため3つの基本姿勢「共感・共生のまちづくり、協同とパートナーシップ、効果的・効率的・総合的な行政運営」が進められてきているが、この計画をどのように評価しているのか。

②「元気がない」「生まれ育ったふるさと川西の再生をなんとしても期さねばならない」との市長の決意がありましたが、具体的にどのような点で元気がないと捉え,どのようなまちづくりをしようとしているのか。

③職員の能力向上ならびに士気向上のための施策をどのようにお考えでしょうか。

④市民が主体的に活動するための支援が行われていると思えませんが、いかがお考えでしょうか。

⑤「健康福祉都市」の実現に向けて、「高齢者への交通費助成事業」の復活を上程されています。昨年9月議会において、「高齢者の交流活動充実に向けた施策実現を求める請願」も採択されたという経緯もあります。市長の公約にもかかげられておりました。このような経過を踏まえて、「行財政改革を最優先課題」とし、さらに具体的な行財政改革のプランが出てきていない時点において、早急に復活する理由はどこにあるのでしょうか?

⑥「子育て支援」について、今後の保育所のあり方については、どのようにお考えでしょうか?

⑦「市民病院」についてどの様な役割をになうべきとお考えでしょうか?

⑧「教育文化都市」について、牧の台小学校の大規模改修や川西小学校の教室増築、さらにいじめなどの問題に対応した「相談室」の増室などへの予算の確保は非常に有り難く感謝申し上げます。しかし一方で、教育現場の声が市長に届いているのかどうか不安を感じないわけでもありません。「中学校の完全給食に関して」と「高校の総合選抜制度の見直しを掲げていること」です。

総括質問で、トップバッターであったということで、初めて、新鮮で、直接の答弁を受けました。時間制限はないのですが、3回の質疑ときめれれているということ、一問一答ではないということ、多くの言い回しの中、参考資料も多く投げかけられるなか、議会で意見を言い合い、ついていくことの難しさを思います。常々の考えることをいう場が実に大切なのかと思いました。そしていいたいことをしっかり書き綴っていくことの大事さを思いました。

特に中学校給食については、市長の公約の中に入れられていたことで、先進地視察を行っているところである。学校現場の意見をとっていく。ご理解を賜りたい。しっかりこれからの議論をしていきたいと述べられました。
また高等学校のこれまでの選抜制度については、高等学校間の学力差の緩和に一定の成果をあげてきているが、35年が経過して、学習意欲の低下・学力格差が大きく、学力指導が難しい・特色化があり、このままではすすめにくい などの厳しい現実に直面している。こういった中、平成18年度の伊丹学区普通科の入学試験では、定員1680名に対して、1663名の応募で定員割れの事態が起こった。生徒・保護者の公立離れ現象が現れていた。これまでの3回の保護者アンケートでは多くの方が変革を望んでおられる結果がでている。2月26日の学習会において、出席者102名の中97人が解答されたアンケートでは、内68%の方が、「新しい制度がよりよい制度と思う」を示し、「あまりいいとは思わない」が、5.2%であった。7割が変革を望んでいる。これから関係する保護者、学校関係者の理解を得ながら、「学びたいことが学べるよう、行ける学校から行きたい学校への選抜制度」をつくりたい。伊丹、猪名川と共同歩調で歩んでいきたい。
以上、このように教育長からの答弁でした。
 再質問で、「35年間続けられた制度の課題をおさえながらも、ここ川西で、決して早急にならないように 市民に、これからの保護者にも しっかり広く、意見を求めながら すすめていっていただきたい」と要望しました。

[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-01 23:21 | 定例議会

教育委員会・ 健康福祉部

2月27日(火)

 朝からそれぞれの部局からの2007年度予算案の説明していただく予定でした。早くに出かけて準備していました。

 9:00~12・30  教育委員会
ひるの時間に、花屋敷の方が訪ねてくださる。駅のバリアフリー化のことで話しに来てくださった。

14:00~18:00 健康福祉部
 コミュニティーの活動をどのように創り出してゆくのか、市民参加、市民の意見を聞いて地域の活性化を創り出すことをそれぞれの部局も提案して、予算も計上されているのですが、それぞれの地域の取り組み方、場所、ここに至るまでの地域の状況が様々な中で、継続していくことの大変な様子を感じていました。

地域の教育力 かつての「向こう3軒両隣り」の関係が今はなく、それと同じような状況ではうまく行くはずもなし。じゃあどうすれば・・・・。それを行政マンは、持っているのだろうなあ。ユックリ話ができる時間が何よりも重要だ。加えてそれを聞いて、まとめる力のある人の存在が。

 

自宅にて、パソコンからの「確定申告」をしました。昨年退職後、初めての確定申告を行いましたが、2度目。パソコンからの方が楽にできました。あっているのかどうか不安ですが、伊丹まで出かけて確認をしなければと思っています。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-01 23:16 | 定例議会

賢いお母さんとは・・・?

2月26日【月】   
  9:30 まちつくり部 訪問

  10:30 道路管理課 訪問

  11:00 教育情報センター訪問

  12:30 子育て支援に関わっての話を伺う。

  15:00 一日の整理をパソコンに入力

  賢いお母さんとは・・・?
     昨日の箕面での散策で、こんな会話をしながら歩いたものです。
    箕面の滝に行く途中に 野口英世の像があります。滝に続く道から見上げたところにりんと立っています。其れを見上げながら、詩吟の好きな方の援助で、詩吟の一説を講釈していただきました。その資料に・・・・偉人の影に賢母あり・・・・の言葉があり、すかさずその文字を
見つけた方が、「やっぱりだめやわ」とつぶやいていらっしゃいました。ご自身を思い、子どもを思ってのことだったと思います。



でも今日賢い母さんに出会いました。その母さんは、語りながら思い出して涙していらっしゃいましたが、・・・。

子どもの学校のクラスの状況を知って、授業を受けていく姿勢やその環境や子どもたちの置かれている現状に憂いを抱かれている方でした。でも子どもの思いをしっかりと受け止めてという選択肢をもたれていました。母さんが「井戸端会議」で、噂話を広めていくことで現状はよくはならないとしっかり見極められていました。母さんがお互いの意見を言い合うことをしていくうちに、子どもは彼らの持っているエネルギーを出して、解決への糸口が見えてきていました。「待つこと」のしんどさはいうまでもありません。いいいぱなしでいることはできても、解決策を見いだそうと思ったら、闇雲にいうことだけではダメ。相手の立場もわきまえながら、しかしいうことはいっていく。そんなことを続けてこられていました。

母さんの心の広さには、涙もつきものでしたが、待っていくこと・確かめをしていくこと・できることを具体的に言い伝えること・少しでもわかってもらえる方を増やしていくこなど見極めをしていらっしゃいました。

3人寄ればといいますが、確かな3人は大きな力です。
私は話を聞かせていただくだけでしたが、大きな力をつけて来られていると実感しました。持っているものを出してこその生き方。引っ込むことにならないで、先へ先へとすすんで言ってほしいものです。話すことから始まる賢い母さんに出会いました。若い世代の子育て、いつもながら通る道です。かげながら応援して行きます。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-03-01 23:13 | 子育て支援

「つだ加代子と語る会」主催 箕面へのハイキング

2月25日(日)

 10:00~ 

   歩くこと、できれば山に登ることを計画的にしていきたいと考えていました。同じ思いをもつ方々が会の中にいてくださって、計画準備などなどしてくださいました。

会報に載せていくことで、読んでくださった方どなたでも参加してくださったら嬉しいのですがの発信でした。何と何と23人が阪急川西能勢口に集まりました。主催者が先ず喜びのビックリ。箕面の猿にまたまたびっくりで、予定より早くの解散としました。

それほど寒くもなく、天候も良い方でした。記念写真を写そうと集まったとき、「つださん、映そうか」といってきてくださったのは、かつての同僚で、校長先生をされて後、退職されている川西の方でした。ボランティアで、一緒に来られていました。

ひとつのシンボルの小旗が、印象的なもののようで、通り過ぎる方それぞれが見てくださり、「頑張って」の声も頂きました。

第2回の参加も同じように呼びかけたいと思っています。何かプランがあればお知らせください。そして一緒に計画を練っていきましょう。
b0096463_15472950.jpg


b0096463_15474513.jpg



15:30~23:00
  約束のメロンを届けに、泉北まで出かけました。「今日、直ぐ食べれるものをください。」
 美味しいといってほおばって食べてくれました。口から食事ができる時間が長いことを願います。昨日はアイスクリーム、今日からメロン。次回は、ブドウ・柿が食べたいと。

今柿あるかしら???
[PR]
# by tsudahibi | 2007-02-26 15:48

辻優さんへの感謝の集い

2月24日(土)

 14:00~16:00 アステホールで、辻優さんへの感謝の集い 出席

    6期23年の長きにわたって、川西市議会議員を務めてくださった辻優さんと奥様に、お礼の気持ちを表そうと集まった方々でした。これまでのエピソードを交えながら、多くの方々のスピーチが、活躍の様子を伝えてくださいました。

    教育の柴生・人権の柴生から、教育の辻へ。そして津田につながったのですが、大きなつながりの財産を頂きながらの今、肩の荷が重くのしかかってきていて、これまで以上に気を引き締めていくことを思いました。

    4年ある、しっかり身についた議員生活ができるように、ユックリ着実に進みます。感謝の思いをささげながら、引退とはいわないでくださいと。まだまだご指導を請いにうかがうことを宣言しました。これからもよろしくお願いします。

    本当にご苦労様でした、有難うございます。


 17:00~まちづくりに関しての相談をする。
[PR]
# by tsudahibi | 2007-02-26 15:45