つだ加代子日誌

tsudahibi.exblog.jp

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります

<   2017年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

◆更新しました◆

日記を更新しました。






.
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:49

1月24日(火)

 
インフルエンザで、登校する児童は約半分に。これからモット増えるのでしょうか。もう下火になっているかと思っていたのですが。

 
10:00~11:30 川中校区の第2層協議体 委員として参加。地域の福祉的取り組みを一覧にし、カード形式にしてわかりやすくしていくとする取り組み。いったん終了して、次回は、取り組んでいる中で、困ったことなど言い合うことに。『看取りの課題』が出てきはじめました。地域でどこまで取り組むのか、行政で取り組むのは、どこまでか。等々。
 
自治会の餅つき事業に取り組む作業に取り掛かる。素敵なポスターが今年も出来上がりました。ご覧ください。自治会の西河さん(コミュニティでは広報部会長)のいつものアイデア。地域人材というとき、いつもこの方の方広報センスをいただきます。
 
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:45

1月23日(月)

9:30~10:30 桜が丘小学校での『桜小まつり』自分たちで企画したイベントに孫たちは、『来て、来て』約束はしたものの一人は熱でダウン。行ってみると「マスク着用してください。」と、受付のところでそのクラス生徒に。「えっつ、もって着てない。入れないの?」子どもたちはみんなみなマスク着用。私も頂き、即実行。楽しいゲームが気に入りました。ビンゴ・ようようつりまがい・理科の教材でしょうか、台車を仕掛けの中を走らせて、ボーリング状態に。さまざまな工夫が。お化け屋敷と称するものもあり、懐中電灯を照らしながら。穴のところに手を入れたら、自作のはんこを押してくれたりと。それぞれに味わいが。教科の授業じゃないこんな取り組みが、子どもを生き生きさせることに。お世話になりました。

b0096463_11415493.jpg


b0096463_1142144.jpg


b0096463_11421195.jpg


桜小の階段には、
b0096463_11422355.jpg


書道展も。
b0096463_1143793.jpg


b0096463_11431773.jpg

[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:43

1月22日(日)

9:30~ 桜小正門前に集合して10:30~始まるキセラ中央公園のエドヒガン移植イベントに、コミュニティとして桜小児童の引率。ふるさと川西のこれからのまちづくりをしっかりと子どもたちにも知っておいてほしいと願いをこめて、コミュニティで呼びかけ。校区としては北小学校校区なると思うが、実に近い。道路一般隔てて境界だ。コミュニティとしての来賓は北コミと桜コミであった。

b0096463_11401427.jpg


b0096463_11402748.jpg


b0096463_11403980.jpg


b0096463_11404848.jpg

 

終わって後、12:30~14:00  浄福寺でのボーイスカウト第6団の餅つきに。
       
小雨降る中テントを張っての野外での餅つき。広い境内で子どもたちは、そこここで。こま回し・鬼ごっこ・ドラム缶の焚き火の管理・マシュマロを焼いたりと等々。それぞれの時間。
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:41

1月21日(土)

10:00~16:00 神戸ラッセホールで、恒例のこの時期の『母と女教師の会』
  
今年は医師の田口奈緒さんを講師に迎えての全体講演。実に簡潔な単語を用いて、いいにくいと思われる部分もさらりと。後に、異口同音に、このことについては退職教員先輩方も述べておられました。

b0096463_11344095.jpg


b0096463_11345525.jpg


b0096463_11351727.jpg

  
 「学校における性犯罪被害対応」~今そこにある危機
          田口奈緒さん(性暴力被害者支援センターひょうご代表・県立尼崎総合医療センター産婦人科医師)
    
学校で性被害がおこったら・・・何とも言いようのない課題。しかしこの現実から逃れられない。数字が物語っている。何よりも対応する、一番の大人の
       
動きが求められる。その為にも教員研修が必至。大きくうなずいて、過去の実体験を津田も振り返れた。理解できた講演でした。そこからまずは行動を!と自身に問う。
  

午後からは、第1分科会に出席。
   
旧知の草京子さんの話とあって是非再会を!と伺った。
   
夜間中学が問うもの~戦後夜間中学の変遷と、私が出会った生徒たち~
   
すでに退職されて、夜間中学資料収集・保存ワーキンググループの活動をされていると。川西市にあって、不登校生の学び家として、国の方向性を実体化できるように取り組みたい。12月議会つだの一般質問を具体化していくべしと。

b0096463_11354410.jpg


b0096463_11362261.jpg



b0096463_872077.jpg


b0096463_87289.jpg


グループ討議になってわかったことは、我々グループの中に三田市からの保護者の方々がおいでだったこと。PTA活動のつながりからこれまで8年間続けてこさせていただいている、子どもはもう大学生になったが、当時担任の先生の呼びかけにこたえて参加したのがスタート。すごい方々がおいでだ。三田の取り組みにも感動。川西市でもと。
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:39

1月20日(金)

9:00~11:00 桜が丘小学校 急傾斜の山に登っての下草狩り。宝塚市のボランティア「桜守」の方々5人が、おいでくださり約3時間。急な斜面に登っての竹やぶの繁茂からサクラを守っていくために。なぜ宝塚市の方がおいでくださっているのですかと問うと、桜小正門(ピンク門と子らは呼ぶ)前にお宅があり、「うっそうとした森になっていたが、その竹が桜の生育を邪魔していると、仲間の方々に呼びかけてくださった。」と。桜小コミュニティ役員も4人参加。
 
 
昼食時~夕方まで、市役所に戻る。資料・会報誌などの整理

  
18:00~20:30 宝塚ホテルでの連合北阪神地協の新年旗開き
b0096463_11324812.jpg
   

b0096463_11325854.jpg

    
今年の川西市の議員参加は少なく、どうしたんだと連合代表からも。
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:33

1月19日(木)

夫の命日。平成3年の1月19日だった。今年のこの日は実にタイミングのいい日和。夫との時間をたっぷりと。眠る京都に出かけた。

夜は伊丹での兵政連の2ヶ月に一度の勉強会。この日は川西からの発表で会場は伊丹にて。次の会場が川西となる。さてどこでの食事会を企画したものかと。津田の方からは資料として、
1、市立川西病院の経営形態の件。パブコメにかかわって。
2、市の公共施設再配置に絡んで、建設・運営の件。その進捗状況について
3、議会基本条例最終版
4、特別支援教育について
5、プレーパークの件 等準備。

 
この日の新聞は読み応えがあったなあ。
  朝日新聞には、高橋源一郎 歩きながら、考える
   皇居で手を振る
   人権なき『象徴』 ・・・・のみだし。

    心を打った。

美智子皇后との結婚前の天皇の言葉

ぼくは天皇職業制を実現したい。毎日10時から夕方6時までは天皇としての事務を執る。その後は家庭人としての幸せをつかむんだ。
    
その願いが完全に実現することはなかったが、少なくとも、中野が案じた『家庭』をつくることはできたのだ。
   
・・・・・・・・中略・・・・・・
     
戦後71年。この国の人々は、過去を忘れようと、あるいは、都合のいいように記憶を改ざんしようとしている。だが健全な社会とは、過去を忘れず、弱者や死者の息吹を感じながら、つつましく、未来へ進んでいくものではないのか。個人として振舞うことを禁じられながら、、それでも、『その人』は、ただ一人しか存在しない、
この国の「象徴」の義務として、そのことを告げ続けている。・・・・・後略・・・

「その人」とは、すごい人だったのだ。自由はなし、人権はなし、弱者に寄り添うこと、死者に手向けることそこに存在を見出しながら、『象徴』を実施してこられたのか。改めて被災地への訪問の意味を受け止める。それは「その人」の生き方だったのだと改めて。
改めて高橋源一郎さんの鋭さを受けとる。

朝日新聞  『文化・文芸欄』には、
  9条解釈改憲 問題点は
   立憲主義めぐり学者らが国際シンポ
  「非論理 まかり通る状況」
   ・持続支えた民衆
   ・揺らぐ政教分離
  
読売新聞では、
  信じるとは何か 根源的問い
    遠藤周作 『沈黙』映画化 スコセッシ監督に聞く
  はやく見たいものだ、この映画を。

18:00~20:30 伊丹での兵庫県政治連盟の定例会
  
蒸し料理。リーズナブルでおいしかった。

写真後日
北野聡子宝塚市議会議員提供


三木市古田議員・伊丹市川上議員・西宮市岩下議員・明石市尾仲議員・たつの市三木議員・三田市檜田議員・川西市津田・宝塚市北野議員・西宮市奥野さん・豊中市宮地議員以上の10人の参加。5月は南あわじ市で予定している。
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:30

1月18日(水)

7:00~8:00  今年初めての朝の駅での市政報告。JR川西池田駅で行いました。
  
連合市民クラブ議員団の安田幹事長と津田。兵庫6区の衆議院議員選挙に立候補予定の桜井周さんも共に参加。うまく繋がると国と県・市とが繋がっていき、国の動きがつぶさにわかってくるのです

後、役所に行き、資料整理など。


議会運営委員会も午後から開催。議会改革の一歩一歩を固めています。 
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:26

1月17日(火)

15:00~川西能勢口駅前の画廊シャノワールで、小林正典さんの震災の写真展「黄色いハンカチは揺れている」。昨日から約2週間開催。ぜひ思い出して、つなげていくために。阪神淡路・東日本の震災当時から撮り続けられた写真家の数々を同じ日に、またその地におもむき同じ場で写されている。比較の中からの風景はその後のまちの証に。さすが。早くに現場に駆けつけての記録映像。
 
隣の市民活動センターでも写真展の開催。思いを寄せ合って。


b0096463_1125032.jpg


b0096463_1125794.jpg


b0096463_1125305.jpg



購入した写真家の記録本。映像は伝えてくれます。またあの南三陸・女川・陸前高田・・・、直後に行ったあの地の変容をぜひ訪ねてみたい。当時の道路は?あの病院は?現場からの表情を味わっていきたい。



17:30~19:00 神戸ラッセホールでの 第22回震災追悼の集い
  
今年もいけました。忘れないという意識と、その場に臨むことで、涙し、自らを振り返り、立ち返れる場。今年の神戸市立小学校児童の歌声は5曲の歌にのせて、心地よく、ふわーーーとした感じの深いものでした。小学3年から6年までの児童の声は、鍛えられたものであり、押し込んだ、絞り出すような声を響かせてくれました。今日はカメラを忘れていった日。写真はないのですがその分、気持ちの中にしっかりとどめました。体験を語られた教員の方々、兵庫教職員組合自前の恒例の会。さすがです、繋がろうという意味そのもの。22年間続けてきていた今年は22年。あの時生まれた赤ちゃんが22歳。大学卒業して、新任での教員として、学校に配属される方もおいででしょう。なんだか、命の継承の重みを感じました。あの日教員は22人・児童生徒は296人お亡くなりになったと。その方々のご遺族の了解を得た人の名盤が式場に持ち込まれていました。
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:25

1月16日(月)

18:30~ コミュニティ役員の仲間での新年会
  
川西能勢口駅前のせいろ屋さんで。
  
雪・風の中、皆さんお元気で、いつもと違った様相で。今年もがんばりましょうよと。

 
 
[PR]
by tsudahibi | 2017-01-25 11:22

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります


by tsudahibi