<   2015年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

小野市 行政視察報告

小野市 行政視察報告   
  日時:2015年1月21日(水)9:30~15:00
  
詳細はこちら(PDFファイル)→
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-28 11:24

会報誌36号

↓会報誌36号を掲載しました。

語る会 会報誌36号
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 08:32

◆更新しました◆

~24日まで更新しました。
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 07:53

1月24日(土)

午前中は市役所で、ラミネートするための時間をとりました。その機械は 家庭用のようなもので、1時間もすれば熱くなってうまく作動しません。40枚のラミネートで時間切れに。また次の機会に追加していきます。自治会の餅つきと凧揚げ大会のポスターです。以下の添付させていただきますが、玄人肌の者でしょう。自治会会員中での手作り、すごいでしょ。

もしよろしければ皆さんお越しください。

b0096463_7523831.jpg


b0096463_7524775.jpg



16:00~16:30 JR西宮駅前でおくの尚美街頭演説会。
ちょうどテレビ局のインタビューが入り、その場で受けておられました。
掛水すみえ県議・石井としろう前衆議院議員・水岡参議院議員等の挨拶と社民党との協力態勢もあって、宝塚の前市議の梶川さんもおいででした。

多くの方々の力あわせを本当に有難いと感じつつ、自らの訴えを続けてこられていました。明日結果ができてきますが、西宮の市民の答を楽しみに待てるよう親戚知人に「行った?」と問う時間を取りたいと思います。

b0096463_11163863.jpg

[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 07:52

1月23日(金)

12:00~14:30 美山幼稚園 認定こども園のことで話を伺う。
   関西先生が、時間を取って説明をして下さり、今とこれからの視点での方向性を伺いました。理解しつつ現状をまた視察などで勉強して参りたいとも。ありがとうございました。

16:00~教育委員会部長に、先の行政視察先の小野市で伺った内容を簡単に説明をさせていただき資料を届けました。川西市としての見解もまた伺えたらとお願いをしてきました。

 
19:00~20:30 桜小地域のコミュニティに関する地域の会合。
  
今回で正式には14回の重ねた会議となってきています。地域の方々は30分も前に来て机椅子などを並べ替えてくださり、まさしく丁度の時間に始目られる状態となってきています。欠席の減ってきました。今日は組織と会則(案)提示し、意見交換をへて承認をえました。回を重ねて実質の部分も見えだしてきた結果、自治会長としての意見も出されてきています。ここにきて有難い会合の積み上げができてきていると思いました。市の担当もいつも出席いただいて議事録のようにした記録もとっていただきつなぎが明確になっています。何とか今回でという地域の方々の思いがつながっていると思います。早くにということだけではないですが、やはりのってきているこのタイミングは効果的であると思えます。頑張りましょうともに。
 
次回は2月26日19時からと決まりました。27日の金曜日から、3月議会開始時期となり、変更させていただきました。
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 07:43

1月22日(木)

小雨降る中、見野のお宅訪問。久しぶりの話す場に。私よりも15歳も年長のかつての東谷中学校時の保護者の方々。高齢になるということをしっかり生きざまとして見つめていくことができます。有難い40年も以上前のつながりです。

18:30~19:30 西宮県議会候補 おくの尚美さん個人演説会に出席。
他の労組からも応援に。大関酒造の労組の方もおいででして、その中に 川西中学校卒業生も。「津田先生!」と声かけられてビックリ。有難いつ つながりです。大盛況でした。
    
帰途、宝塚市議北野さんと、今を話込を。大切なことを大事なつながりを知っている方とお話をすることができる場があることで元気が湧くものです。だから市議としても立って行けるのですね。かつての教員仲間の存在は大きい。
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 07:42

1月21日(水)

7:50~17:00 集合して、会派議員3人での、小野市への行政視察に。
  視察項目は以下。また具体的な視察に関する報告は別添しておきます。
是非ご覧ください。

議長と共に。議場で。
b0096463_7403328.jpg

教育長と共に。
b0096463_7404566.jpg

病医院内
b0096463_7405662.jpg

終わって後にそろって。
b0096463_741894.jpg


小野市 行政視察報告   《連合市民クラブ 津田・安田・岡》 
     視察箇所は、教育委員会(午前中)
           北播磨総合医療センター(午後)
     昼食は、市役所・教育委員会隣接の「陣屋」で、会食。
(小野市議員2名と教育委員長と我が会派3名とで。)
視察項目は、
1)教育委員会
①「夢と希望の教育」振興計画
②小中一貫教育に向けて
③基礎学力充実に向けての市としての分析・継続した構想。
④「小野検定」の波及効果
2)北播磨総合医療センター
①以前の2市の病院での経営状況について
②2市の病院を統合していこうとされて経緯について
③統合に向けた課題について
④統合することに対して、期待された効果とその実績について
⑤組織を作成する際の周辺市町の判断について
⑥北播磨総合センターに対する周辺市町の議会の対応について

これからの川西の課題解決につながるはずの2つの部署。教育と医療。大事な討議を当局に申してまいります。
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 07:41

1月20日(火)


12:30~13:30 川西中学校図書館ボランティア活動に参加。
  
昨秋の選挙期間はもとより、その少し前から伺っていない空間でした。すっかり落ちつき、図書委員の仕事としても確実に定着していました。また本を貸し借りの実際も増えてきています。「もっと増えてほしいなと思う図書がある?」の問いに、即答。それは中学生の生徒が好んで読むシリーズの単行本でした。読みたい本がある、でも足りないと実際の声が生徒から、図書委員から上がってくる状態。日ごろからの活動の成果でしょう。予算審査の中で蔵書の充足の件で問いかけたいと思いました。意見ありがとう!!!

b0096463_7392958.jpg


14:00~20:00 西宮選挙区で、県議会議員補欠選挙に立候補のおくの尚美さんんの応援に入りました。17日の朝から2度目になります。

ウグイスさんとも親しい間柄になれて、訴える内容に幅が出てきていましたこう考えている県議会議員を、西宮として落としたらあかんやん!!という思いが募ります。5人の候補者で一人の女性候補。そして2人の議席。一人は女性であって欲しいもの。夕方は阪神西宮で。西宮市議とも合流。
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 07:40

1月19日(月)

9:30~ 今日開催の特別委員会の事前説明(議長・副議長・委員長・副委員長の参加)
  
10:00^12:00 飛行場周辺整備特別委員会 開催
   「プロペラ機枠の段階的低騒音機枠化について」
   3か年の最終年度。平成27年の方向性で。この視点の課題は完成していきます。大事なしめくくりの年度と考え、質問意見など発言しました。

①平成24年度に、プロペラ機枠(170回の運行)を低騒音ジェットに来切り替えていこうとする策が提示。50回、100回分と変更され、今回で170-回の変更分を提示。その過程で、低騒音機としてジェット機の中でもジェット機枠ではない枠組みで、了解を取ってきている線引きに問題がある。そう訴えてきていた川西市であったこと。

②決められた経緯の中で伊丹・豊中での騒音がきつくなったことから、平成24年に決めた内容に修正を加えられて、川西市に対する負荷がかかってきていた平成25年度。川西側に対して約束をしてきた内容について実施できてこなかった事実。・・・・約束実行できていないのに、なぜ新たな27年度に向けてのやり方の話に乗っていくのか?問いただしました。約束してきたことができてこなかったことを新関空会社は認め、引き続き約束できるように努めたいとのことをやりきって頂こうとしている川西市。

③あたらに出された改良点については、気と湯の動きにかかっているかのような判断。本当にできるのか?・・・・できると思います。そんああいまいな判断でまた約束不履行となっていくのではないのか?そのような担当課長《まちづくり室長兼務》とのやり取りの中、市長自ら論議に入り、市としての期限を切ってきた。提案の方向で実施し、期限を切ってその騒音値を示させ、できていない時には、新たな策を講じなければということも視野にいれている。低騒音機が伊丹空港にまず、たくさん入れていかなければ、風向きとか、そういう要素によって大きく変動していく手段では解決にはならない。それも訴えている

④何はともあれ、即すべての機種を低騒音機にと改良できないので、
ここ数年間は、このままの騒音がある機種も入っての飛行となる。便利で活性化を望む声の有る中で、存続協定云々のことで、縛りをしっかり持っているこの空港は、そこが破られないで維持されているからこそ、安全も保たれているとみる。世界でまれな人口密集地の屋根の上を飛ぶコース。原点は安全が保たれてこそ。騒音値が減ってこそ。川西市のこの特別委員会の存在は大きい。

 
12:00~ 市立保育所・幼稚園の再編整備について、意見を求められて出かける。今パブコメが始まっています。多くの方々のご意見を賜りたい。

 
13:00~飛行場について、話を伺う。

 
     
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 07:38

1月18日(日)

13:30~16:30 再び神戸ラッセで、国際シンポジウム
この取り組みも、兵教組が継続してこられたものであり、今年のテーマは今の時代に沿ったものに拡大されての発表でした。
     阪神・淡路大震災20年「国際シンポジウム」
        ~心のケアの普遍化をはかるために~

b0096463_735786.jpg


b0096463_7351916.jpg


b0096463_7354049.jpg


b0096463_7355023.jpg


b0096463_7355973.jpg



これからに関して普遍化と方向づけられたことで、川西のこれからを託して勉強会としました。

①教員のカウンセリングマインドを向上させる、災害時のみならず、身近な人の喪失などによって心に傷を受けた子どものケアの在り方。

②教職員に対する研修を通じて、トラウマ反応など誰にでも起こりうる反応について共通理解をはかると共に、相互支援体制を構築する。

③保護者・地域の教育関係機関・教育関係者と連携し、チームとして心のケアを行うシステムをどのように確立していくのか 等の話しあいをする機会でした。

こうした課題に対し、川西市に特化したことについては、いじめ防止対策基本方針が策定しようとする渦中で、研修を受けた立ち位置で、入れ込まなければならない視点を伝えて聞くことが大事であると認識。スクールカウンセラーだけではなく、スクールソーシャルワーカーの「繋ぐ」「つなげる」とする活動を入れ込んでいっていただきたいと強く要望していきます。心のケアーは日常的に起こりうるケースも多発、誰もが身につけておきたいことです。しかし日本の学校教員からの報告に対し、アメリカからの二人は、「聖者だ。」と言われました。日本の学校教職員が勤めている今の実態は、カウンセラーの仕事・SSWの仕事・もちろん担任として、教科担任として等々、一人で何役も受け持っている実態に対し、伝えられた言葉です。このままでいいのか。教職員が疲弊している実態をどうして超えていくのか。声なくて別の方策があるのか。今こそ方向性を提示していくべきであると感じました。教職員の研修がたくさんたくさん期待もされ、入れ込まれています。このまま聖者でいいのでしょうか?
[PR]
by tsudahibi | 2015-01-26 07:37