兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります

by tsudahibi

<   2011年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

◆更新しました◆

6日~18日まで更新しました。

会派発行のビラを掲載(pdf)
  会派ビラ表
  会派ビラ裏 
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-22 11:08

5月18日(水)

 
7:00~8:00 恒例の民主市民クラブ朝の市政報告会 JR川西池田駅頭。
  
小雨あり、統一地方選挙ありで、のびのびになっていました市政報告会。2か月半ぶりでしょうか、再スタートできました。来週は川西能勢口駅前です。そして平野・畦野・清和台とまわります。水曜日ごとにまわります。

  
別添しております、会派ビラを配っていました。「いつもご苦労様!」と声をかけていただけた女性。「政治がしっかり役割を果たしていない。民主党の菅さんは信じられない。県会につないでいくから、県会議員を出し応援していくといるというけれど、ほんまに県につないでいけるの?国につないでいっているの?」
  
そうです、見えないのですよね。直接どう動いているのかが。
  
政権与党にならないとすべてが見えてこない、野党では、全容が明らかにされない。

民主党が政権を取る前に伝えていたマニフェストが、政権を取ってからは、全容が見えたらできないことがわかってきたというくだりがある。なら次期、たとえ政権が変わったとしても、またまた見えてこない部分で四苦八苦する状態となるのが予測される。この国は情報公開をして、論議し、民主的に動かすことができないのか。隠さないと不安になっていくからと言って隠した部分が隠せなくなったときに示されてもますます不信感のみ。自民党時代に作ってきた原発を今爆発によって汚染となっている感を、これからどうしていくのか。汚染水を今後どう処理していくのか、そうしている間も作業員やその家族、その地域でまだまだ暮らしている人々の健康にかかわっての問題を思えば、直近の難題とこれからの展望を二つの柱にして審議していく必要があるのに、できているのか不安がのぞく。

 
今日の朝日新聞に掲載されていた大江健三郎氏の「あいまいなまま続けさせるな」「核の時代の混乱と霧どこへ」を読んだ。

 
チェルノブイリ原発事故の際、当時、東独の女性作家クリスタ・ヴォルフさんは、≪わたしは・・・いつもより一段と声を高めて…核技術のリスクは他のいかなるものとも比較できないほど大きく、したがって最小限でも不安定要素があればその利用を放棄しなければならない、と誰かに訴えなければならないと思いました。≫こういっています。それを大江氏は、「チェルノブイリ原発事故の総体の調査が行われていないことへの焦燥があったからです。氏のドイツの科学者である友人は、論文完成を前に研究を放棄したとのこと。」
 
・・・そして福島原発で、チェルノブイリと同じ大きさの事故が起こったのです。
直後には、原発を推進してきた自民党総裁も,【それを続けるのは難しい状況だ】と言明。1週間後には、【安定な電力供給ができないと製造業など維持ができるのかという問題もある。】5月5日には、朝日新聞には≪早くも「原発維持」に向けた動きが始まった。原発推進派の議員が集まり新しい政策会議を発足。≫と。

5月6日には、菅首相の浜岡原発の全停止要請があり正当な判断だと思い、
浜岡に特有のケースの強調には、改めてぞっとしながら、・・・。

5月8日には、首相は、浜岡以外の原発に向けての要請はないこと、「脱原発」路線には踏み込まないことを表明。

まだ収束もおぼつかないのに、これまでの原子力計画を続けるとすれば、そのあいまいな日本の、次のわたしたちに、果たして未来はあるのでしょうか。

こう結んでいます。この国はこの国の民をも守れないのかと問うているのですよね。

今日夜のTVで、ポリオン生ワクチンの副作用でのポリオ発症が出ている、他国では、生ワクではなく、注射での接種となっているという。世界地図での色分けでは、ヨーロッパ諸国、アメリカなどは生ワクチンを与えてはいないという。しかし取り残されているような図式である日本ではまだ変更は考えられないとのこと。これでいいのか。なぜそこまで変えないことにしがみついているのか。元気な子どもだから、飲ませたので、それを服用することによって病気となってしまったのでは、人災でしかない。

そこんところの子どもと大人たちへのこれからの支援こそが入用なのに・・・・。

 
改めて、この国が、これからの未来を感じ取れる活力を生み出せるのでしょうか?

違った課題で、問われているともいえる。
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-22 11:07

5月17日(火)

 
8:00~久しぶりに、孫二人をかわにしひよし保育園の送りに。昨年の10月選挙依頼かな?子どもたちが愛らしく寄ってきてくれ、
「〇〇ちゃんのおばあちゃん…。」
「おばあちゃん新聞に出ていたね。」「そうなんだよね。見てくれた?」うれしいですね。

 のち、自宅にて、資料整理と資料読み。

 
12:00~13:30 川西中学校の図書室でのボランティャ当番に。
いつもいつも図書室の風情に、季節感があって、他のボランティアの方々の気持ちの深さを思うとき。

 
14:30~16:30 十三の第七芸術劇場で「悲しみのミルク」鑑賞。
   
「この国のどこで育っても、等しく教育を受けることのできる環境整備を!」義務教育国庫負担制度の堅持を!と議会での請願などに謳われるけれど、またこの視点は欠かせないものだと認識しているけれど、この映画の画像からは、「生きる」、「安心して生きる」ことのむつかしさ、女でいきることのつらさを映画化していたと思われます。そんな中でも個人として、貫いている、かたくなに貫く所作については、心打たれました。映画で今の、この事実を、危ない国が今もあることを示しています。世界中どこにいても・・・といえるようにならなければ。
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-22 11:04

5月16日(月)

 
自宅で朝早くからパソコンに向かう。資料の検索をしていく。
 

10:30~市役所にて、資料の整理。
  会派の街頭でお渡しするビラの完成・印刷をする。
  下記のリンク先にて、会派発行のビラを掲載しています。(pdf)
  会派ビラ表
  会派ビラ裏 

13:30~  教育委員会社会教育室で話を伺う。
   川西市の文化財について、その今後の取り組み方向性について

 
15:00~川西教育会館で話す。
   
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-22 10:57

5月15日(日)

 
9:00~宝塚駅で集合し、三田の永澤寺のそば道場まで。
 
ちょうど10時着。この日は、統一地方選挙後、初めて兵政連議員の研修で集まりを持ちました。私にとって、したい一つとしての蕎麦打ちでしたので、満足。
 
ボタンの時期で、これからはショウブの時期となります。6月にも機会を見つけて是非再度訪問したい場でした。
  ・兵政連議員と豊中市議とともに。
b0096463_10443938.jpg

  ・津田の打ったそば。なかなかうまく切れなくて、きしめんに。
b0096463_1044547.jpg

  ・掛水県議・北野宝塚市議と津田
b0096463_1045651.jpg


 
そばをこねていると一心不乱になれます。集中して打ち、出来立てをふるまえる幸せ。こんな時間を大切にしたいものです。今できないだろうけれど、こういった楽しみが持てる場を創り出したい。近い将来の夢???


15:00~17:00 卒業生とともに時間を持つ。子育てにつらい事象が出てきたとき、思い出して津田を訪ねてくれることのありがたさを感じながら、その子の気持ちになりきることのしんどさを味わいました。でも子どもであろうとも、ひとりの人格あるひととして、対応していくことの大事さを訴えました。そこまで大きくなっている子どもに対して、親は、まだまだ保護をしていこうとする、立ちたいと思える時に立たせることのできる判断力を!そんなことを思いながら、他人であるからわかる、自分の子であれば迷う。その違いはなんでしょうかと。
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-22 10:46

5月14日(土)

10:00~11:30 花屋敷さくら会館で、自治会加入となった22世帯の集会。
  
11班として、これまでも活動されていた自治会に加入しました。これからの活動がどなっていくのか、加入者の顔つなぎも含めて行いました。3か月に1度でも近くのものが集まって話のできることをしていこうと決めました。急な呼びかけにも関わらず集まっていただけました。



13:30~17:00 中央公民館集会室で、講演会。
  
北村年子さん。
  
ホームレス・・・弱者に集団で襲いかかっていた事件。そのことにこだわって、取材などをし続け、本にまとめて発表されてこられた。今回は東日本大震災の家族の方々の体験なども具体的に語ってくださり、フクシマの原発についての話も。すべての流れは、その言葉の持つ意味、ホームレス、HOMELESS。ハウスレス、HOUSELESSではない。そこから始まった話でした。実にご自身の体験から発し、見聞きしたことなど具体的な内容で、優しいトーンが印象的でした。初めてお目にかかりましたが、そんな気が吹っ飛ぶ方でした。
  
HOMEROOM・・・・そうなんだ、この言葉。「ホーム」箱ではなく、心、居場所を求めた言葉である。だからハウスではない感覚が求められている。
   
児童館のこども…ホームレスの方との交わりを創りがされた体験。DVDを買ってきました。じっくり見たいものでした。川西でできることは何か。また問われています。
b0096463_8455853.jpg

[PR]
by tsudahibi | 2011-05-21 08:46

5月13日(金)

久しぶりンお天気。母とともにドライブを兼ねて、神戸ポートアイランドに住む姪っ子の下に、孫のいらなくなったおもちゃを届けに行きました。人口島に根づいた木々が新緑を付け、目にやさしい風情。回遊道路になっていたり、近くに買い物場があったり、医療も完備しているようで、住んでいる彼らには住み心地のいい場のようですが、高層マンション群と一方通行の道と、照り返しのきつい道路には、母は圧倒されていました。少しお茶をしたいと思ってもなく、結局ホテルでランチに。ゆっくりできる空間でした。

帰宅後、地域の方々もとに、地域課題を伺うことに。案内しましょうと気さくに杖をついて、歩きながらその個所を案内していただきました。花やしき1丁目にある震災で、お寺の本堂がなくなり、現在教育委員会管轄となっている「栄根寺」とその周辺についてでした。これまでのいきさつなどもうかがう機会ともなりました。ありがたい機会でした。これから早速調査をしていこうと思いました。わかり次第報告をしながら進みたいと思っています。
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-21 08:44

5月12日(木)

 
自宅にまたまたこもる羽目に。会派で駅に立つときにお渡しできるようにビラを作成しています。その原稿を書くのが、今期の会派での私の役目。来週18日の駅立ちでお配りするものを今作成中。東日本大震災の川西市としての支援のことや義捐金のことなどもお伝えしなければと情報を集めました。早3月議会も遠い日になりにけりではありますが、その総括質問の報告もと。いつもいつも盛りだくさんで、小さな活字になってしまい、読みづらくも。さてさてどれをカットするのかも。マル一日かかりやっと夕方に完成。

17:00~20:00 川西川辺教職員組合の執行委員会に参加。
 これから始まる大会のことなどなど案件はたくさん。8時の時点で終わってもいなくて、私は退席。遅れてきた方は、家庭訪問で遅くなりました…などとわけも言いつつ合流。しかし思い出します。障がい児教育部の役員をしていた時、喧々諤々の議論もあったなあと。なつかしい。こうやって議論の末仲間ができてきたのですから。

 現職の先生方に期待されている教育内容は多種多様。まさしく、多すぎてあれもこれもの教育であるように 今 感じます。あまりにも多様化しすぎることで何にもわからなかったなあ・・・・・とならないように、こだわりがいるような気がして・・・・。
教員の資質をうんぬんするけれど個人のやり方も何もなく、機械のような動きを期待されているように思えます。そうではないと。人間として、専門職の教員として、方法やり方が選べるようなことになってほしいものだと。全国一律にしなければならないものとそうではないものと…。あるはずです。そんなことを思いながら会に出ていました。

8時を過ぎて戻ると、孫たちは、「焼きそばよ…」と準備をしています。一緒にわいわい言いながら遅いけれど、あたたかい食事ができました。ありがとね。
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-21 08:42

5月11日(水)

恒例の議会民主市民クラブでの朝の駅立ちも、リズムに乗れず、今日も小雨で中止。
統一地方選挙の中、できないでいたことに、少々困惑もしていますが、このリズムを取り戻すに、18日からはやれるでしょうか?JR川西池田からの開始です。またお目にかかれますことを。
市役所に久々に登庁。ために貯めた事案の整理に。各部を回る。早い、ずばやい!
各部が決定権のある方々が答えていただけることで。しかしこういうツールの時、だめといわれたらこれ最後。それでもやると行くにはそれなりの根拠が。すごくいい乗った仕事ができてきていると自負。1期目にはない満足感。自己満足にならないように気を付けたいと心して。確かな時間です。
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-21 08:41

5月10日(火)

 
会報誌の配布。足らなくなって増刷していただきました。ようやく花屋敷1丁目を完全に配布を終えました。

 
お支えいただき、配っていただいてもおりますことに本当にありがたいです。今朝は小雨、傘をさしての歩きでしたが、これもいいものです。だただ無心に地域を歩く・・・。
 
 
昼下がり、2本、電話が鳴りました。自分のペースで、統一地方選挙を終え、連休となり、イベントにも参加でき、1期目とは違った忙しさで過ごせてきました。やっとその流れも終了し、自分のペースで過ごせるときの大事さを思うものです。こうやって小雨の日は、ゆっくりと本に親しみ、これからの自分の整理のひと時でしょうか。

そんな時、地域に方からの電話がまたまた。
野良猫の件です。増えて困る、えさを与える人がいる、条例を創ってはどうなのか?
早速先進地の事例をネットで確認。2本出てきました。参考にしながら大きな流れを創ろうと思っています。しかし餌を与えている人は、必ず避妊をしている猫、または避妊手術を受けさせたたいネコと決めていたように効いているんですが。そのあたり犬には首輪がありますがネコにも・・・?。狂犬病予防という観点から犬については、規制も入っていますが、ネコには狂猫病はないのでしょうか?そのあたりから方向付けができるといいのですが。調べていくのが今の私の時間でしょうから、調べていきますよ。なんとか結果を出したいと。
[PR]
by tsudahibi | 2011-05-21 08:40