◆更新しました◆

3月16日から22日まで更新しました。

特別会計予算審査詳細↓
http://tsudakatsudou.blog70.fc2.com/blog-entry-34.html
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-23 10:56

3月22日(月)

川西市のごみ収集が祝日でもあるというのが、何とまあラッキー。良くぞ計画して行ってくれたと。


9:30~参議院議員選挙の応援態勢つくり。

兵庫県で二人候補を立てるという本部の判断は、地元には大きな苦心策。何とか水岡俊一議員を2期目で、国会に送り出さないと!!!教育が中心の策をこれから創り出すときには必ず必要な方。やりましょう、共に。

春です、身も心も明るく!!!装いも新たに!!!。

23日早朝、仕事を終えた後 会計監査の彼が立ち寄ってくれます。お世話になります。
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-23 10:53

3月21日(日)

うっとおしい感じの日でしたが、黄砂がひどいとニュースが。
午前中ほっとできる計画を創る。

公園の桜開花!!!
b0096463_10515492.jpg

   


15:00~心のケアーを!!!ほっとできる時間でした。
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-23 10:51

3月20日(土)3連休初日

朝の早い時間に電話。SOSが入りました。自分の時間で都合がつくときにはいつでもOK。対応の速さは気持ちの現れ。早速2時間ほどユックリはなしをうかがいました。

緊急雇用対策が公的にもとられていますが、まだまだ落着くところには行かない。嵐のふくすさぶのを待つのにも限度が。国の大きな動きを!!

自宅の障子張替え。久しぶりに格闘。

b0096463_10504638.jpg


自宅庭に植えていただいたイチゴ、孫は心待ちにしています。葉もすっかり一度は枯れて、新しいものに。路地もののイチゴ、5月ごろなのでしょうか。こころまちの日々です。

確定申告や『つだ加代子と語る会』政治資金団体の会計報告を3月末までにしていくのに自分で確認。できれば連休明けにも届けていきたいとまとめを。
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-23 10:50

3月19日(金)

9:10~ 川西市立桜ヶ丘小学校 卒業式 出席

みんなが主役、この日の式は最後の授業。仲間がいて思いでいっぱいできた。自信をもって中学校に行く。

中1プロブレムがささやかれており、小学校6年生と中学1年生の大きな差、幅、生活そのものの違い、違いがあって当たり前、しかしその差が異常に写る。それは埋められるものかどうか、しかし知ってもらおうと中学校の教員が小学校にでかけていって授業をされてきたこともわかりました。小中一貫教育、連携教育、川西では後者の方かと思いますが、すすんでいます。

子どもたちの持てる夢、大きく花開くようにと。おめでとう。

あの子がもう卒業の年、そう感慨深いものがありました。お母さんも頑張られましたね。明るい姿が印象的でした。


13:00~ 教育委員会の耐震化のはなしを伺う。

15:00 2期目の挑戦について

16:00 社会教育室に問う。・・・・・・フリーマーケットと市民のつながり企画
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-23 10:47

3月18日(木)

 久々にぐっすりと眠りました。特別会計予算審査の状況を思い起こしながら、自宅にて昼間で、整理をしていきました。できた成果がこの日記でもあります。

特別会計予算審査
http://tsudakatsudou.blog70.fc2.com/blog-entry-34.html

13:30~15:00 教育情報センターにて、今年度の振り返りをする。
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-23 10:45

平成22年度 特別会計予算審査特別委員会 傍聴
  
最初から紛糾した審査であったと振りかえります。企業会計予算審査3つも含みます。

この予算審査では、川西市国民健康保険事業・川西市老人保険事業・川西市後期高齢者医療事業・川西市農業共済事業・川西市介護保険事業・川西市用地先行取得事業・川西市水道事業・川西市病院事業・川西市下水道事業と9事業の会計が、それぞれ独立した形になっており、収入の財源が、その特定の事業にのみ使われるよう、会計として別財布になっているものです。

病院事業では、収益的収支では、予算段階からの赤字となっていて遺憾ともしがたいものである。医師の確保が急がれる。一人の医師で約1億円分の収入を得ることが可能。6人退職になると単純に6億円の不足となる。そういう意味でも大きな赤字である病院経営については、そこの『経営』努力とそこでの働く方々の意識とそこがあることで、大きな安心を得ている市民がこの事態をどう見ていくのかが重要な方向になる。しかし今こうなってしまった経過をたぐると、政治的な動き これこそ大きな問題であったと。医療費の改定がおおきな一因、加えて医師派遣の大学医局の問題。この二つともが政治のまずさだ。

信頼される市立病院として改革案が示されそれに向って動いている2年目である。先ずは医師の確保。お願いするしかない!!!議案審査は可決。


国民健康保険事業については、その収納率が大きな問題。何よりも収納率のアップを。

先ずは不公平感の無いようにと。生活安定が不可欠。国保会計は 赤字となっている。それを解消するには、保険料を上げて額を増やすか、市税の一般会計から、持ち出すという内容もある。平成22年度の川西市は、保険料アップをしなかったことは評価できるが、赤字をどうするのかの判断をせずに、次年度に先送りにしている。一般会計予算で基金の取り崩しをしていくことを避けた感がある。これからの姿勢に引き継ぐのに、しんどいことを残して進めたきらいを思う。これは未来に禍根を残したことである。理事者側の怠慢だ。多くの委員が異口同音に叫び、訴えたが、最終的に我が会派の民主市民クラブ2、共産党2、自治市民クラブ2の6人が意見を述べて反対表明、賛成の委員数が多数を占めていたために挙手後、可決。

後期高齢者医療事業については、これまた審査前から紛糾。議案提出の説明をしたあと、会派の安田議長が質問。「広域連合で決められた保険料についてが、変わって行くとニュースが出ていた。この数字はそれ以前のものなのか、ならば予算審査をこの変更前の数字でするのかおかしいではないか。」『議案提出を3月26日時点で行っているので、変わる前の数字を用いたものであっても、今本会議場で行ってきた説明以外のものではできない。ならば手書きでの修正をして審査をしてほしい。6月議会で補正出していくから。』という説明でした。そのあたりの広域連合での変更してきた決まりごとを 当初に説明もしなかった理事者側の怠慢だといわざるをえない。なが~~~い時間。持てる資料をすべてさらけ出しての審査にほど遠いと感じた。情報公開の中味を問われる審査の経過。中味の審査を、充実した審査を求めたい。


知る人ぞ知るの議論ではなく、公開していきながら、真実の語りを論議する場であってほしい。

理事者側は、隠そう隠そうとしているという思いになるなあと感じた。すべて可決
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-23 10:44

◆更新しました◆

日誌を6日から15日まで更新しました。


平成22年度一般会計予算審査特別委員会(出された意見などをすべて掲載しています。)

http://tsudakatsudou.blog70.fc2.com/blog-entry-33.html
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-17 16:10

3月15日(月)

一般会計予算 第3日目 今日で最終、波乱。詳しくは別欄で。

最終の意見を述べる夜になった時間。これまで3日間の意見・質疑の中で伝えたこと、要望事項などを思い出しながら次のように述べました。

3年半前の立候補の時点で、中央北地区への大きな期待と思いをのせてやってきました。24haが市の土地と思いこんでいたこと、土壌改良については6価クロムの話題が大きくあり、化学の知識も活用できるかな、広い公園がいい、病院もあればなあ、そんな夢を語れた時期がわずか、今では裁判となっている土壌改良時点での途中での契約変更についての取り決めが、しっかり議会に入っていなくて、『隠していること』がまだまだあるのではないかと不誠実な対応にうつった当局・・・。今日の中央北地区ので質疑の中で出していただいた資料の数値の訂正。(まちがい)など何点かの間違い報告もあり、ますます疑念がおこりました。

またまた貸しをしている土地15筆(83筆あるなかで)の賃料を高くとっていることで地権者にその分配金として渡すと言う内容もありました。なぜ地権者にのみ与えるのか。なぜ市の財源としないのか。その議論があってこその次の年度への動きが問いやすいではないのか。
   
くわしい予算編成の内容では、美化推進部のところで、駅の市民トイレの件で、ベビーネット袋などの整備としてもらっていることや障がい者の医療支援・小児科医の対策など市民の協力の下、請願を創り上げてきた経過があります。当局の方々がこういった場で話したことをしっかり受け止めていただいていることかと喜びです。

しかし今予算で大いに期待していたことは、市長の言う『オンリーワンのまちづくり』で、各部署からそれを訴える施策があわられて来るものと思っていましたがこだわりを持ったそれも無く、施政演説で、「教育を第一課題ととらえ・・・」言う中、学力テストをたくましい子どもを育てる策としていることについて、市長に伺ったのですが、「総括質問時にのべてきたから」と言う返答でした。これこそ見事な空振り。しっかり議論をし尽くすことをいいおきたい。

自らが先頭に立ってのつながりづくりを実践してほしいと願い、今、実の予算審査について、賛成いたします。
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-17 16:09

3月14日(日)

午前中、雲雀が丘の駅近くにある美容室『イタリア』に。

実は東谷中学校の卒業生がしているお店。孫のカットに連れて行きました。こういった形での再会にいたく感動。私も感動。「いつの時期に仕事を続けたいと思った??よ~~やってきたよね。」『人の髪を触るのが好きだった』ただそれだけ!!!長いブランクでの再会。孫までがお世話になる。こんなつながり。
[PR]
by tsudahibi | 2010-03-17 16:02