兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります

by tsudahibi

2007年 03月 23日 ( 9 )

市政報告会

3月23日(金)

 7:00~川西能勢口駅で、市政報告会
  本当に暖かな朝でした。ひょっとして明日は雨???

少し暖かな春めいた久々の朝。終業式の児童・生徒や袴姿の学生の方々が目に付きました。卒業式でしょうか。毎年の学校の人事異動の時期、市役所も人事異動の時期でしょうか。

・9:30~まちづくり部への連絡・依頼
・統一自治体選挙の候補者に激励文を毛筆で書く。私も頂いたお礼をこめて。
・2通のお通夜の連絡。

近い人のご逝去の報に接することが多く、お通夜に出かけることが多くなり、こうもつながるものなのかと不思議に思う。舞子までJRで行くことに。JR立花駅での人身事故の車両に乗っており、55分遅れる。帰りもまだJRは動いておらず、振り替え輸送で山陽電鉄や阪急を乗り継いで11:30に帰宅。これより1台後で乗車していたら、この日のお通夜にはいけなかったんだとつくづく思う。
しかしJRのこのときの車掌さん、お若い方のようなお声であったけれど、てきぱきと10分おきくらいに外の状況を放送してくれていました。乗客も携帯のメールで状況を知らせている方々も出て、落着いていました。私もそうですが、帰宅途中でもなく、何かの用事乗っている方々も多くいらっしゃるかと思いますが、疲れて眠っている様子で、待っていました。外では、「やじうま」かとも思われる人人人。そこでいいたいのですが、とっさの出来事で、車掌さんのマイクの声が頼りのとき、あまりにも事実をリアルに言う必要はないように感じました。気持ちがふさぎこんで、いいようのない気持ちになります。子どもものっています。心身事故、その内容を少しは、あくる日の新聞で知りましたが、ホームからの走ってくる快速電車に向かっての飛び込みであったようです。線路点検の方でしょうか、警察の方々でしょうか、多くの方々が早くに駆けつけてくれて点検活動をされていました。早い対応にビックリしました。なくなった方のご家族の気持ちを思います。
何人もの足が止まっています。それぞれの事情の中で、何とか処理できたことを思うと、何人も迷惑を掛け、掛けられて生きているんですね。
思いのほか忘れることのない出来事になりました。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 15:06
3月22日(木) 

市役所にて、課題の調査をしていく。

 18:30~ 伊丹市民会館にて、連合兵庫の学習会 出席

 20:00~川西教育会館にて、学校の様子について話を聞く。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 15:04

【必勝】

3月21日(水)

 休日で朝立ちはなし。

 選挙の【必勝】をかきあげる。

  昨秋の選挙で、たくさん頂いたこの檄文。選挙事務所がいっぺんにそれらしくなった瞬間でしたので、大きなお礼の気持ちをこめて書きました。この日に一度ではできないので、もう一日毛筆でのゆったりしたひとときを取りたいと思っています。
 
垂水の町にひとっとび。海の見えるところでユックリとしました。息子達と共に時間を過ごしました。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 15:03

学校の様子を語り合う

3月20日(火)

10:00~卒業生宅で、「学校の様子を語り合う」ことをしました。

 保護者の中から、保護者として、しなければならないこと、なのにしていない現実を見ること、また学校の先生は忙しそうで話しこめない実態のこと、子どもから聞く教室内の様子に解せないことが多いこと、それぞれが自身の子どもから聞くことをそのまま受け入れるのではなく、感じ方を披露しあう中で、保護者としてやれること、やってはいけないこと、やりたいけれどやっていないこと、やらなければならないと感じること、忌憚のない意見を出し合う中で、新しいいい方向性が出てくると期待できる会でした。これからはもっともっと地域の中で、かつての保護者が築いてこられた【教育を語る会】(仮称)をもっともっと気さくに開催できればいいのになあと思いました。是非協力できることさせて欲しい私です。話し込んで悪くなることはないと考えています。

13:00~卒業生の母子と出会う。
 こんな形で会えるなんて、思っても見ないことでした。そんなことが多いのです。

15:00~辻 優先生と出会う。
 今の川西市議会の様子を聞いていただく。

18:00~尼崎に住む孫のところに一目散。一緒に夕食をする。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 15:01
3月19日(月) 

7:00~ JR川西池田駅 朝 市政報告会

10:00~ 川西市立桜が丘小学校卒業式に出席

  手作りで、子ども達のあゆみがこの時間でそっとわかるような、子供自らのことばでの語りがあって、これからの夢をしっかりはなしてくれた彼らの今後に幸あれと思うばかり。いい卒業式でした。初めから私は涙。なぜなら、式の始めに、皆で歌う校歌斉唱があるのです。わが子のときのことも思い出し、懐かしい歌を一緒に歌いながら、涙が止まりませんでした。この子らが中学生になっていくのだと思うとき、わが子の成長を振り返り、出来事を思い出していました。
いろいろあるけれど、「無駄なものは何もない」これが私が思うことです。

15:00~生涯教育部の方々と話す。

 私が思っている演劇集団に関する情報を紹介しながら、お考えを頂きたいと思っての会でしたが、この部署でも、12月議会の私の一般質問に調べていく形で、調べてくださっていたことを伺いました。このような形で早速調査していく形態になっていること、これからのやっていくぞのエネルギーの出る方向性を示していただいたことに感謝です。ただ私の方で集めた資料と集めていただいたそれとで、かみ合っていない部分が出ていて、今後話をつめていくことになるかと思いました。

 市民のかたがたでボランティアで立ち上げていく演劇集団かまたは小・中学生や高校生の年齢の方々で集まって創る演劇集団なのか。大きく視点が違ってくるので、進めていく上の始めから考えることにぶつかりました。

 でもいいんですよね、演劇を通して育ちを持つということが。子育て・子育ちの支援を あなたの方に寄り添って、聞き取りながら気づきあげていくことをしている多くの関係機関ですが、ひとつのものを創り上げていく作業過程で、気づき、つまづきもあってよし、創っていくことをしていけるのではないのかという発想です。うまくレールにのせるまでは大変でしょうがやっていきたいものです。

19:00~卒業生の父親の急死に、そのお通夜でした。

懐かしい友の顔が見えました。
  地域で育ってそのままを知って、受け止めてくれる仲間の存在がどれほどこれからの彼女達に大きなエネルギーをもたらすことだろうと思いました。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 14:58

わ~~~雪だ!!!

3月18日(日)

わ~~~雪だ!!!

 もう春かと思っていても三寒四温。さすがですね。

ユックリした日ですが、この思いが伝わったかのように気持ちがゆったりできました。
昼過ぎから、自宅にてユックリ会報の原稿に挑みました。

おもいだします、この日、結婚記念日でした。

大阪府の給料支給日は18日。この月の給料を出席してくれた同僚・仲間にもらってきてもらって、それで新婚旅行の経費としました。思い出します。そう9万円だったかな。
いい時間です。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 14:55

懐かしい同僚らとの再会

3月17日(土)

 自宅で久しぶりの大掃除。トイレ・風呂場・階段・普段なかなか手付かずのところを一生懸命。こんな日がなければあかんわなあの想いで、楽しみながらしました。

夕方、石道まで出かけました。
かつての懐かしい同僚らとの再会でした。

定年退職で、川西を去り、ご自身が住んでみたいと思われた富士山の見えるところでの再出発を成し遂げられている方が、川西に来られるということで、かつての仲間の呼びかけで会えました。ユックリ話すこといっぱい。途切れない間。変わらない方々。また会いたいねと言い合える会話。私自身の再出発を応援してくださった仲間です。嬉しい時間でした。こうして「忙しいでしょう」と気遣ってくれながら、また誘いを作っていただけることに感謝です。「忙しいから誘えない」といってしまわれないことを実に有り難いと思っています。一人以上の人生を頂いているようです。ありがたい!!!
まさしく修学旅行生。夜を徹して語りました。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 14:54
3月16日(金)

日生中央駅での朝立ちに欠席。

公立幼稚園の卒園式にもいけず、葬儀に参列するために朝出発。

亡き夫の上司の方もお体を悪くされてこの日は自宅で。お目にかかれなかったことで、急遽ご自宅まで伺いました。葬儀の模様をお伝えすることを通して、かつての若かりし頃を思い出して、語ってくださいました。冠婚葬祭といいますが、こういうときにしかあえない状況なのでしょうか?

16:00~宝塚にある北県民局にをしに行く。
 
  初めてのことで、いろいろ教えていただきながら、修正もして完了したのは、
17:15。来年はもう少しできるであろうと自分に期待しながら。
どのようにして運営していけばいいのか、どのように資金を活用すればいいのか、
もちろん会費を納めていくシステムではなく、報酬を頂いていることからの出資であるので、限られている予算の中で、「つだ加代子と語る会」の日常の活動そのものに課せられていると思っています。このことも含めて今月の会で検討していくことになります。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 14:52
3月15日(木)

 特別会計・公営企業会計予算審査特別委員会 出席

  一般会計予算審査特別委員会とは大きく違ってみえました。国民保険会計・病院・水道事業・先行土地取得などなどそれぞれに会計の手法が違って見えまして、「審査する側」よりも【審査される側】の方がプロであり、考えられている状態が何年にもわたってあるのです。10月選挙で、はじめて知った私のようなものが、全てにおいて、調べていくことからはじめていくのですから、本当に【一年目は見よう見まねでやるしかない】といわれたことを現実と感じてしまいました。
ただひとたび質問になれば、詳しく資料を出してきて細かな説明をしてくださる状況からは、こちらもしっかり調べて質問をしなければならないなあという実感を持ちました。
構えるとなかなかできないのですが、でもひとつ 質問をしました。
下水道のことでです。下水道促進に関しての予算が上がっていましたので、

①この予算は川西のどの地域に関わるものなのか?【鼓が滝地域】

②まだまだ促進ということでは、100%普及までにはいたっていないのですが、この後どのような地域で、進めていかれる準備があるのですか?
【普及率94%】【赤松地域・石道地域・芋生地域】

③この地域以外でもあるかと思いますが、その地域に関しての今後の方向は、? 【地権者の関係で、個人的なことでは進められない】
 つまりその土地をもっていらっしゃる方がどのように考えていらっしゃるのか、市道であらば市でしていくことになるのでありますが、・・・。

④市街地からはなれた地域でお住まいの方で、川西市民というには、程遠いような支援しか市から受けていないような方々がいらっしゃるけれど、その方々への支援を考えていってもらいたい。一律ではないような支援があっていいのではないか?
また川の上流域にお住まいの方々でありますが、環境問題から見てこの状況はどうなんでしょうか?

一般質問よりもぐっと早く終わりました。


急いで友人のお通夜に出かけました。
多くの方々はすでにお帰りで、懐かしい方々との再会はできませんでしたが、たった一人待っていてくれた方との再会を味わいました。今夜の亡くなった方と「大阪に来れたら一緒に飲もうね」と言い合った仲の3人でした。でもおいしいお酒がもう飲めなくなりました。今夜は、団塊の世代の違った面を知りました。辛い別れでした。

明日の葬儀にも参列し、お別れと向こうの地で、早く亡き夫に会って欲しいなあという思いを伝えたいと思いました。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 14:51