兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります

by tsudahibi

市政報告会

3月23日(金)

 7:00~川西能勢口駅で、市政報告会
  本当に暖かな朝でした。ひょっとして明日は雨???

少し暖かな春めいた久々の朝。終業式の児童・生徒や袴姿の学生の方々が目に付きました。卒業式でしょうか。毎年の学校の人事異動の時期、市役所も人事異動の時期でしょうか。

・9:30~まちづくり部への連絡・依頼
・統一自治体選挙の候補者に激励文を毛筆で書く。私も頂いたお礼をこめて。
・2通のお通夜の連絡。

近い人のご逝去の報に接することが多く、お通夜に出かけることが多くなり、こうもつながるものなのかと不思議に思う。舞子までJRで行くことに。JR立花駅での人身事故の車両に乗っており、55分遅れる。帰りもまだJRは動いておらず、振り替え輸送で山陽電鉄や阪急を乗り継いで11:30に帰宅。これより1台後で乗車していたら、この日のお通夜にはいけなかったんだとつくづく思う。
しかしJRのこのときの車掌さん、お若い方のようなお声であったけれど、てきぱきと10分おきくらいに外の状況を放送してくれていました。乗客も携帯のメールで状況を知らせている方々も出て、落着いていました。私もそうですが、帰宅途中でもなく、何かの用事乗っている方々も多くいらっしゃるかと思いますが、疲れて眠っている様子で、待っていました。外では、「やじうま」かとも思われる人人人。そこでいいたいのですが、とっさの出来事で、車掌さんのマイクの声が頼りのとき、あまりにも事実をリアルに言う必要はないように感じました。気持ちがふさぎこんで、いいようのない気持ちになります。子どもものっています。心身事故、その内容を少しは、あくる日の新聞で知りましたが、ホームからの走ってくる快速電車に向かっての飛び込みであったようです。線路点検の方でしょうか、警察の方々でしょうか、多くの方々が早くに駆けつけてくれて点検活動をされていました。早い対応にビックリしました。なくなった方のご家族の気持ちを思います。
何人もの足が止まっています。それぞれの事情の中で、何とか処理できたことを思うと、何人も迷惑を掛け、掛けられて生きているんですね。
思いのほか忘れることのない出来事になりました。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 15:06