兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります

by tsudahibi

川西市立桜が丘小学校卒業式に出席・演劇集団立ち上げについて・・

3月19日(月) 

7:00~ JR川西池田駅 朝 市政報告会

10:00~ 川西市立桜が丘小学校卒業式に出席

  手作りで、子ども達のあゆみがこの時間でそっとわかるような、子供自らのことばでの語りがあって、これからの夢をしっかりはなしてくれた彼らの今後に幸あれと思うばかり。いい卒業式でした。初めから私は涙。なぜなら、式の始めに、皆で歌う校歌斉唱があるのです。わが子のときのことも思い出し、懐かしい歌を一緒に歌いながら、涙が止まりませんでした。この子らが中学生になっていくのだと思うとき、わが子の成長を振り返り、出来事を思い出していました。
いろいろあるけれど、「無駄なものは何もない」これが私が思うことです。

15:00~生涯教育部の方々と話す。

 私が思っている演劇集団に関する情報を紹介しながら、お考えを頂きたいと思っての会でしたが、この部署でも、12月議会の私の一般質問に調べていく形で、調べてくださっていたことを伺いました。このような形で早速調査していく形態になっていること、これからのやっていくぞのエネルギーの出る方向性を示していただいたことに感謝です。ただ私の方で集めた資料と集めていただいたそれとで、かみ合っていない部分が出ていて、今後話をつめていくことになるかと思いました。

 市民のかたがたでボランティアで立ち上げていく演劇集団かまたは小・中学生や高校生の年齢の方々で集まって創る演劇集団なのか。大きく視点が違ってくるので、進めていく上の始めから考えることにぶつかりました。

 でもいいんですよね、演劇を通して育ちを持つということが。子育て・子育ちの支援を あなたの方に寄り添って、聞き取りながら気づきあげていくことをしている多くの関係機関ですが、ひとつのものを創り上げていく作業過程で、気づき、つまづきもあってよし、創っていくことをしていけるのではないのかという発想です。うまくレールにのせるまでは大変でしょうがやっていきたいものです。

19:00~卒業生の父親の急死に、そのお通夜でした。

懐かしい友の顔が見えました。
  地域で育ってそのままを知って、受け止めてくれる仲間の存在がどれほどこれからの彼女達に大きなエネルギーをもたらすことだろうと思いました。
[PR]
by tsudahibi | 2007-03-23 14:58