午後から適応教室セオリアに出かけました。

11月20日 月曜日
中学校勤務中もクラス生徒と共によくたずねたところです。
不登校になっていった生徒たちが、フリースクールのような感覚で「登校」していきます。
市として支援している場所で、子どものひとつの居場所としてここも大いに活用されているようです。この場から巣立っていった若者同士が、今年結婚したという嬉しい話もお届けしました。
どの人も居場所、居心地のいい居場所を捜し求めているのですね。
市内の子どもにとってもだいじな場所です。課題も頂きました。
[PR]
by tsudahibi | 2006-11-20 23:25 | 子育ち支援

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります


by tsudahibi