7月22日(土)

12:30~15:20川西市文化会館での第30回「平和と人権のためつどい」    ~集まろう!つながろう!平和を創り出すために~  

今年も参加できました。昨年に引き続き、神戸朝鮮高級学校吹奏楽部メンバーの出演と成瀬國晴さんの講演で「児童集団疎開 時空の旅」などでした。  

成瀬さんからは、本を購入し、まだまだ感じ入ることに時間をかけたいと思いました。知らなかったのは、集団疎開の話の中で、保護者は一人10円(当時豆腐が100丁買えるくらいのお金と説明。1丁10銭としてと言われ。では今のお金にして、豆腐一丁100円として100丁ということから1万円?この換算あっているのか??)支払っていたと。もちろん国からの補助もあったと。しかし払えない家庭の子らは、集団疎開には行けず、自宅でいたとも。何か月もの間の、戦争渦中であっても,避難しつつ先生と子どもだけの生活。(先生の子らは、どうしていたのだろうか。)ここでも貧富の差があったのだ。声のよく通るわかりやすい話ではあったものの、子どもたちの参加がもっと見えていただと思うと辛い。   

神戸の高校生の話は昨年同様、くじけそうな自分を、奮い立たせてくれた支えてくれている存在として、川西の教職員組合の取り組みがあったのだと再認識。街頭で高校授業料無償化にはなっていない彼らが叫び署名を呼び掛けると、「国に帰れ」などという言葉も浴びせられ、つらい体験を語ってくれていました。昨年同様、そんな体験を聞いたわれらの返信を、もっともっと声にして返さたらなあと思いました。   

計画からここまでの取り組みをしてこられて現職の先生方のご苦労に改めてお礼をです。  

又この日ロビーで再会を果たしました。栄保育所時代の保護者の方とです。    
保護者同士、送れて迎える我が子らに対し、保育時間延長など訴えてきた仲間の方、同じ教員として繋がってきていた彼女は、「民族教育を受けさせたい」とのことで、地元校にはいかず、他市の民族学校に。振り返ってみるとその孫さんが今日ここにステージにたっているのだと。まさしく【繋がろう!】でした。 

この日でかけるのを前にして、電話。「連合は時間外勤務の費用を支払わなくてもいい」としたことに抗議でした。もちろん同じ思いですのでもっと詳しい資料を取り寄せて、訴えてみたいとお伝えしました。しばし時間を頂きたい。

[PR]
by tsudahibi | 2017-07-27 08:27

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります


by tsudahibi