7月18日(火) 

10:00~市民参加準備委員会 議会基本条例第12条を実態をともなったものにしていくために。  

4回目の会合でした。大きく動ける基盤が出来上がっていきました。何かことを起そうとするときには、意見交換が納得いくまでできた時、一つの効果的な動きとなってきます。その動きを引き出すためにも、提案主体が主張を一定繰り返し理解をも止めていく段取り。一定の原案ができてくれば、議員は、一人10人を目途に、面談をし、市民から意見を求めていく事になっています。問いかけた意見をまとめて、議員は一人一人まとめていき、260人分の市民意見を手にします。統計上は200人あれば、一定のデーターがえることになるようです。私にとって、市民から頂いた意見を政策に反映できるような段取りまで持っていけるよう、取り組みたいと思っています。  

そんな道筋に,岐路に立っていることに改めて、理念をもとに、めぐりあわせを感じます。

[PR]
by tsudahibi | 2017-07-27 08:19