5月9日(火) 

10:30~ 小花のお宅訪問。そこまで行くのに「つだ加代子と語る会会報」を配付しながら。ゆっくりと街を歩きながらポストに。

小雨降るのを気にしながら、このゆるりさは、何よりもいいここち。
会う人ごとに、市立川西病院の今後についてを報告。

これまでの方々、「いい案じゃないか。」「今外国資本が入ってくることもある。それにならない方向がいい。」「中心にあることに市としてのこれからがある。」

津田の懸念の178億円+利子=約220億円。それを30年償還で支払うという国・市・指定管理者。これへの大きなハードル。

北部地域の市民の安心について。しかし答えている市民は中部の方々。

・・・・それはいいんじゃない。民意はそういうことになっていくのか。

北部地域の診療についての安心感については、こえをあげる人が挙げていかないことには!

[PR]
by tsudahibi | 2017-05-12 17:14

兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります


by tsudahibi