2月8日(水) 

7:00~8:00 阪急川西能勢口駅まえ、西友まえで市政報告会   
会派の安田幹事長と越田県議、伊丹市議で衆議院選予定候補の桜井市議とで。   
寒く冷たい冬の日が戻ってきていました。   
3月議会の始まりを思う日々であり、2017年度施政方針が出る直前、会派要望の回答を一部公表しました。    

・小中学校4校のグラウンド整備にかける予算費用をあげたこと。(会派要望をしてきた結果の経過であること。)    

・留守家庭児童育成クラブの待機児童に関する策を講じることについては、各校内で2クラスを設置するが、それ以上の児童数の希望があれば、民間にお願いをしていくという方向を津田もともに探ってきていた。それが実っていく年度だ。幼少期また低学年期に、丁寧な子育てのかかわりを作りあげていくのか、それがひいては子育ちに繋がっていくのだと確信するので、力を入れて子どもの居場所を唱えている。それは親の安心からも。     

・保育児童の待機に関しては、認定子ども園の開設を緑台で、29年度募集を行い、その後順次開設をしていく、計画通りに進行中(牧の台小学校校庭、旧加茂小学校校庭、川西保育所(川西小学校隣接の校庭に)と引き続き建設に入る。     

・市立川西病院の方向の件・・・これがまだまだこれから。     

・川西市役所西交差点から西側、郵便局前までの歩道の整備とそれより西側の歩道整備について などなど。 


11:00~ 久代の地域から、東谷中学校地域まで 給食センターから配送するとなるとどれくらいかかるのかの実質運転を行ってみた。市道・県道と大きな道路を走行することを前提で走り、今日は30分ではいけず。またこういった昼間に走ってみたい。  

14:00~17:00 県議会3号館7階、大会議室で行われた連合フォーラムに出席。     県議からの提案・報告と講演2本     

『地方創生の狙いと戦略および自治体での課題について』          
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局主査 東 翔太さん        

「地域内で、仕事を創り出すこと」それしかないと。          

医療費無料化・中学校給食実施・・・・さまざまな施策を講じて、若者世代を呼び込むことも今となっては大事かもしれないが、それには競争の中での限界が見える。何よりも大きく膨れ上がった住宅都市川西(住民税を獲得しつつ、自治体運営をしていくとしてきたわが市であるが、住民税があったときはよかった。少なくなっていく、ひいてはなくなるときを想定をしてこなかった市の運営。そこが今となっての課題。縮小も大事だが、生み出す努力を!それは議員の仕事でもあるか!結論を持たれての話、有意義だった。      


『農の視点からの地方創生』          
兵庫県農政環境部農政企画局総合農政課長 姫野 崇範さん         

兵庫の多様性と都市近郊の立地をいかした・・・。いまさらながら兵庫の農水産物の多様性にはびっくり。川西産イチジクも全国3位に位置づいている。何とかならんのかと。  




18:30~20:00 遅れて川西市、書記局で議員協議会等の話をする。      

・小学校の適正化――――それは何を意味するのか=小学校統廃合      
・中学校給食の件

[PR]
by tsudahibi | 2017-02-13 17:27