兵庫県川西市・市議会議員つだ加代子の日々をつづります

by tsudahibi

7月26日(日)

12:00~13:00 93歳の方、大往生、涙一杯の葬儀。
人の一生は、「その生の終焉、死で決まる」ときいている。これまでのどのように生きてきたのか、その人の葬儀の場でわかるといわれる。そういう言葉を感じ取れた日でした。家族をその存在が束ねていたのだといわんばかりの存在。それはその場に行ってわかったこと。ご冥福を祈ります。


20:00~21:00 2度目の「圏外表示」の電話がなる。わかった、早く出たい。そうです、パリの孫達からの電話です。「おばあちゃん」「おばあちゃん」電話のむこうでその声が。よく聞こえるとおる声で。暫くあっていないのですが、日々写真を掲載してくれているのでありがたい配慮。飛んでいきたいけれどフランス語でのまちを一人で満喫までは行かないし。時間を楽しめるようになってからとお預け。

面白いことを娘から聞く。
今イギリスでインフルエンザの流行があると言う。そのことを受けてイギリス資本の娘の夫の会社では、『出社しなくて、自宅にいても仕事ができるような仕組みをパソコンで考えろ』とのこと。そのために順番で会社に来ない日をつくり、自宅にて仕事をしていくのだというのです。「助かるわ、ベビーシッターへの送り迎えはその日は夫になるから」っと娘。学校はどうしているのかと問うて見ようと思います。

 「明日ハピーバースデーでしょ、おめでとう。」と。フランス語で3歳の孫から。

就寝前に開くメールの確認。カナダにすむ東谷中学校卒業生からのものです。一部掲載します。

暑中お見舞い申し上げます。
津田先生、ご無沙汰しております。暑い夏をいかがお過ごしでしょうか?
7月1日にやっと念願の引越しが終わり、前よりも広く明るくなったので、ハッピーな夏をすごしています。
先日天皇、皇后両陛下がカナダをご訪問になられ、バンクーバーにもお越しの際、私たちもご挨拶に行かせて頂いて、なんと、お二人を拝見させていただきました。バンクーバー日系社会は皆感謝感激で、盛り上がってましたよ。写真送るので、見てください。日本にいてもなかなか無いチャンスで、こっちでもこれが最初で最後でしょう。2人ともテレビで見るとおり、とてもおやさしい笑顔でいらっしゃり本当に癒されました。・・・・後略・・・(H・S)



この地でいつか会える、どこかで会える、そう思い続け実現しようという気力は十分。人生楽しからずや。有難う。

10数枚添付していてくれた中で選んだ私の一枚。年の重ね方!!!
b0096463_8124129.jpg

[PR]
by tsudahibi | 2009-08-01 08:13